Login

ユーザ名:

パスワード:


新規登録 / パスワード紛失

Contents

オンライン状況
29 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが クリエイター掲示板 を参照しています。)

 登録ユーザ: 0
 ゲスト: 29

もっと...

 


 クリエイター関連の宣伝、募集などの告知用掲示板です、どうぞ自由にご活用頂ければ幸いです!
  あなたのHPをご紹介ください!   クリエイター関連の宣伝告知!   クリエイター関連の募集告知!   作品募集関連の公募告知!  
| ホームページPR BBS | 情報宣伝告知 BBS | クリエイター募集BBS | 公募・作品募集BBS |
  制作依頼募集の自己PRに!   クリエイティブ関連の求人募集に!  
| お仕事"やります"BBS | お仕事"あります"BBS |

・ 当サイトの主旨に反するご投稿や、下記のルールが守られていないご投稿は予告なく削除します。
・ また、各BBSへの同一内容の連続投稿や、上位表示のための連日の投稿はご遠慮ください。
・ 投稿後のURLの書き忘れや補足は、新規投稿とせず、投稿内容の編集か返信で補足などでご修正ください。

ご投稿には 【 ログイン(メール登録のみ) 】 が必要です。

情報告知BBS
穐吉敏子 70thアニバーサリーコンサート in 横浜
投稿者: akarengaNo1 投稿日:2016/03/24(Thu) 14:51 No.3722
 
4月21日(木)に横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホールで、日本が世界に誇るジャズピアニスト穐吉敏子さんのコンサートの開催が決定!!
横浜を「第二の故郷」という穐吉さんが演奏活動70周年の節目に行うツアー。
横浜でのステージでは、夫であるサックス奏者のルー・タバキン氏とご夫婦だけでの演奏もあり必見!
座席数も400席とプライベート感満載!でお楽しみいただけます。
チケットは絶賛販売中。お早目にお買い求めください。

チケットのご購入はこちら!!
・カンフェティ TEL:0120-240-540(平日10-18時) http://confetti-web.com
・横浜赤レンガ倉庫1号館(10-18時 窓口販売のみ)
・tvkチケットカウンター TEL:045-663-9999(平日10-18時) www.tvkcom.net
・神奈川新聞社コミュニケーション局・横浜JAZZ協会事務局TEL:045-227-0708(平日10-18時)
E-MAIL:k-tsukada@kanagawa-shimbun.jp
杉野 早智子 光子・クブリ −ふたり展−
投稿者: artbanchi 投稿日:2016/03/10(Thu) 17:44 No.3721
 
サンマルコの広場をすぎてから−ふたり展−

【会期】
2016.3.27(日)〜4.2(土)
11:00〜19:00(最終日〜18:00)

【会場】
東京交通会館 地下1階
ギャラリー玻瑠(はる)
会期中直通 TEL 03-3215-7686
※会場の都合上、花・菓子は辞退いたします。

【アクセス】
■JR有楽町駅 京橋口正面
■地下鉄/銀座駅・日比谷駅から徒歩5分

【コメント】
フィレンツェのサンマルコ広場。ここにはミケランジェロのダビデ像で有名なアカデミア美術館と並び、国立の美術学校がある。
ふたりが出会い共に学んだ、懐かしい記憶の根源だ。
近頃再会した私たちは、フィレンツェ以後の互いの足跡を表現しようと、「ふたり展」を思い立った。
光子は年に1度イタリアと高野山を往復しながら、独自の創作を続けている。
早智子は東京で活動し、同時通訳などの仕事の傍ら絵を描いている。
和菓子づつみ2 展示会 −現代だからみえるもの−
投稿者: PerryHouseGallery 投稿日:2016/03/06(Sun) 13:41 No.3720
 
ユニット「6201」による和菓子とパッケージの展示会第二弾、味、見た目、和菓子という概念、それらにまつわるもの、そうしたものを変えることで、「和菓子」というアイデアそのものも実験的に更新できるのではないだろうか。
【開催日】2016年3月12日(土)〜3月17日(木)
【時間】10:00〜19,00 入場無料
【会場】 PerryHouseGallery
     東京都渋谷区神宮前4−23−6

【最寄り駅】地下鉄 表参道駅 又は 神宮前駅(原宿)
横浜赤レンガ倉庫卒業制作展2016
投稿者: akarengaNo1 投稿日:2016/02/10(Wed) 17:12 No.3718
 
横浜赤レンガ倉庫1号館は若いクリエーター、アーティストを支援しています。平成28年2月から3月までの卒業制作展シーズンにリレー形式で6つの卒業制作展を開催し、毎週異なる学校が参加して様々なジャンル、スタイルで展開します。この機会に是非若い才能と個性的な作品をお楽しみください。

1.イベント名:横浜赤レンガ倉庫卒業制作展2016

2.日時:
○平成27年度横浜美術大学卒業制作選抜展
 2/18(木)-2/23(火)11:00-19:00(最終日17:00まで)
○玉川大学芸術学部メディア・アーツ学科卒業制作
[卒業プロジェクト]展‘15 THE MEDIA GARDEN 
2/26(金)-2/29(月) 10:30-18:00
○2015年度東京造形大学グラフィックデザイン専攻卒業制作展
 3/4(金)-3/8(火)10:00-22:00,
3/5(土)17:00-オープニングパーティー
○多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース
卒業制作展そこかしこ
 3/12(土)-3/14(月) 11:00-21:00(最終日は19:00終了)
○関東学院大学建築展 第14回 建築展15/16『うつろい』
 3/17(木)-3/22(火)11:00-21:00
(初日18:00-21:00、終日11:00-17:00)
○赤レンガ卒業設計展2016
 3/25(金)-3/29(火)10:00-19:00 公開審査日27日

3. 会場:横浜赤レンガ倉庫1号館

4. 料金:入場無料 

5.主催:横浜美術大学、玉川大学、東京造形大学、多摩美術大学、
関東学院大学、赤レンガ卒業設計展
共催:横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
宣伝美術:玉川大学 / 梶村 夏実、立花 澪、長嶋 絢子
---------------------------------------------------------------------------------
【学生からのメッセージ】

平成27年度横浜美術大学卒業制作選抜展
2月18日(木)-2月23日(火)11:00-19:00(最終日は17:00まで)
6コース(絵画、クラフトデザイン、テキスタイルデザイン、グラフィックデザイン、映像メディアデザイン、イラストレーション)の卒業制作から選抜された作品を展示しています。一人一人がテーマや表現方法を探求し、4年間の集大成として制作に励みました。コースの特徴や一人一人の個性が発揮された作品を是非ご高覧ください。ご感想もいただけましたら幸いです。http://www.yokohama-art.ac.jp/

玉川大学芸術学部メディア・アーツ学科卒業制作
[卒業プロジェクト]展‘15 THE MEDIA GARDEN
2月26日(金)-2月29日(月)10:30-18:00
「メディア・アーツ」と一言で言っても、グラフィックデザイン、CGデザイン、ウェブデザイン、ライトアート、映像、コンピュータ音楽など幅広いジャンルがあります。その一つ一つの作品を目で見て肌で感じ、楽しんでいただきたいと思います。4年間かけて“芸術による社会貢献の実践力”を磨いてきた学修成果の集大成「THE MEDIA GARDEN」を、是非ご覧ください。

2015年度 東京造形大学グラフィックデザイン専攻卒業制作展
3月4日(金)-3月8日(火)10:00-22:00
3月5日(土)17:00-オープニングパーティー
本展覧会は、今年度東京造形大学を卒業予定とするグラフィックデザイン専攻4年生の有志が集まり、開催いたします。 展示作品は全て、これまでの様々な学習を通じて、グラフィックデザインの多様性と可能性を理解した学生一人ひとりが、その集大成として行った研究・制作作品となります。自由な発想の中から生まれた、生徒それぞれの個性あふれる作品をご覧ください。

多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース卒業制作展
そこかしこ
2016年3月12日(土)-3月14日(月)11:00-21:00
(最終日は19:00終了)
膨張し続ける世界とその中に散らばる星々のように、芸術は際限なくその枠を広げ、メディアは誕生、結合を繰り返し爆発的な多様化を見せている。携帯端末の登場でどこからでも世界に繋がることが可能になったように、ニューメディアによって既存のフレームを脱臼させ新たな知覚を手に入れた先にある新時代の表現とは。無秩序で不明瞭な世界の中で発見し表現することとは。いまや、なにをするにしても、手段はそこかしこに散らばっている。

関東学院大学 建築展第14回 建築展15/16 『うつろい』
3月17日(木)-3月22日(火)11:00-21:00(初日のみ18:00-21:00、終日のみ11:00-17:00)
関東学院大学の『建築展』は、私たちが一年間でさまざまなテーマのもと、建築と環境について考え、創作してきた作品と研究成果を、広く学外の方々に紹介するイベントです。今年のテーマは『うつろい』です。社会や技術の変化にともない、建築もまた、変化しています。私たちの展覧会で、「これからの建築はどうなっていくのか」を考えるきっかけになればと思っています。

横浜赤レンガ卒業設計展2016
3月25日(金)-3月29日(火)(公開審査日27日)
「赤レンガ卒業設計展」は関東の建築系学生による卒業設計を集め展示、公開審査を行うイベントです。2004年に関東10大学の建築系学部によって「10展」として始まった本設計展ですが、第13回を迎える今年度は16大学19学科での展示となります。3月27日に行われる公開審査では、建築業界の最前線で活躍されている方々をお招きし、熱い議論が繰り広げられると思われます。関東だけでなく、全国の建築学生をはじめとした皆様の来場をお待ちしております。

・テーマ:Up Load
→赤レンガをイメージして『積む』というキーワードに着目しました。赤レンガ倉庫が赤レンガを『積み上げ』、作り上げられていったように、学生の建築的知識やアイディア、経験、体験などを未来に向けて『Up(上に)Load(積む)』し、赤レンガ卒業設計展2016をみんなで作り上げよう、建築を『発信』していこうという思いを込めています。
twitter: https://twitter.com/akarengasotuten
公式サイト(2015年版):http://akarengadiploma201.wix.com/adc2015
『はらぺこめがね展』『はらぺこペーパーでつくるお弁当』
投稿者: akarengaNo1 投稿日:2015/12/27(Sun) 13:46 No.3717
 
Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫関連企画『はらぺこめがね展』・ワークショップ『はらぺこペーパーでつくるお弁当』
2016年1月6日〜2016年1月17日10:00〜19:00

1/6(水)-17(日)は1号館1階スポットでアートリンクin横浜赤レンガ倉庫 関連企画『はらぺこめがね展』(入場無料)を開催します。これまでに制作した作品や絵本の原画を展示し、グッズ販売も行います。

1月10日(日)はワークショップ「はらぺこペーパーでつくるお弁当」(参加費:500円)を行います。料理教室とは違って食材ではなくお米柄とカラフルな柄でできている、「はらぺこペーパー」をちぎって段ボールのお弁当箱に貼り合わせます。
彩りや形を自由にイメージして自分だけの楽しいお弁当をつくります。
*材料がなくなり次第終了します。
*イベントの様子を撮影し当館HPなどへ掲載させていただく場合がございます。
第15回福知山市佐藤太清賞公募美術展
投稿者: akarengaNo1 投稿日:2015/12/25(Fri) 12:06 No.3716
 
第15回福知山市佐藤太清賞公募美術展
2016年1月22日〜2016年1月25日
入場無料

故佐藤太清画伯は、京都府福知山市に生まれ、幼き頃から絵の道を志し日本画の研鑽に努め、平成4年には文化勲章を受章されました。
現代日本画壇の重鎮として後進の育成にも心を注がれ、現在第一線で活躍する多くの日本画家を送り出されてきました。福知山市は、
その功績を讚え、その志を受け継ぐため、21世紀の芸術文化を担う人材の育成を 目的として、高校生・大学生を中心に全国から絵画作
品の一般公募を行っています。今年は審査の結果、表彰作品68点が決定。その中から4作品が「佐藤太清賞」に選ばれました。
横浜を含む6会場での巡回展です。横浜会場の発信性を高め、若手アーティストの作品展示、クリエイティブシティ・ヨコハマをアピー
ルする機会とするため、10年目を迎える平成23年度「第11回佐藤太清賞公募美術展」より、「横浜賞」制定しました。

佐藤太清賞公募美術展事務局
TEL:0773-23-7021
池谷真理子 個展 〜毛皮を着た猿シリーズとパステル画〜
投稿者: artbanchi 投稿日:2015/12/11(Fri) 18:30 No.3715
 
【会期】
2016年1月4日(月)〜1月10日(日)
10:00〜17:00
(初日は13:00より/最終日は16:00まで)

【会場】
クリエート浜松3F ギャラリー32
〒430-0916
浜松市中区早馬町2-1
TEL (053)453-5311

【アクセス】
●JR浜松駅より徒歩10分
●遠州鉄道「遠州病院前」下車 徒歩1分
※お車の方は、近隣駐車場(有料)をご利用下さい。

【コメント】
今回の個展の毛皮を着た猿シリーズは、4年位前から描いている題材です。

今回は、日光東照宮の三猿「見ざる、言わざる、着飾る」に掛けて、
一見ユーモラスですが世の中をちょっと皮肉った内容となっています。
ただ今、CGモデリング教室への参加者を募集しております。
投稿者: hiromega 投稿日:2015/12/04(Fri) 08:37 No.3714
 
お世話になります。ひろと申します。

この度、私事で恐縮ですがご希望の方を対象にWeb上での「CGモデリング教室」を
開く事に致しました。(マンツーマンでのスカイプ等で予定しております。)
詳細は以下サイトから宜しくお願い致します。

http://megahiro.jimdo.com/
東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」フォーラム
投稿者: tobira 投稿日:2015/11/30(Mon) 16:41 No.3713
 
【美術館とソーシャルデザイン とびらプロジェクトのデザインを例に考える】
東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」フォーラム

平成28年1月31日(日)

《第一部:トークセッション+パネルディスカッション》
●トークセッション「やり方がちがえば、結果が違う?」
西村佳哲、稲庭彩和子、とびラー、とびラーOB
●パネルディスカッション「美術館×大学×とびラーのソーシャルデザインプロジェクト」
日比野克彦・西村佳哲・森司・稲庭彩和子・伊藤達矢

会場:東京都美術館 講堂
時間:13:00〜15:30 (開場12:30)
定員:220名(参加無料、事前申込制、先着順 ※定員になり次第締め切ります。お申込はリンクURLから)

「とびらプロジェクト」では、2012年より美術館を拠点としたアートを介したコミュニティづくりに取り組んできました。現在、約120名のアート・コミュニケータ( 愛称:とびラー)が対話を繰り返し、人と人、人と作品、人と美術館をつなぐさまざまな活動を展開しています。多様化する社会の中で、公的な場としての美術館の機能は今や専門家だけが考えるのはなく、さまざまな人々が集まり、対話や知恵を重ね作っていくことが求められています。「とびらプロジェクト」はこの対話を支える、いわば「仕組み」です。変化にも柔軟に対応し血の通ったコミュニティをつくるためには、年齢や職業のちがう多様な人々が集い、フラットな立場で対話を紡ぎつづけること大切です。とびらプロジェクトではその仕組み作りを市民とともに試行錯誤しながら作ってきました。今回のフォーラムでは、今、社会で求められる新しいソーシャルデザインについて「とびらプロジェクト」を具体例としてとびラー、スタッフ、スーパーバイザーが共に語ります。

《第二部:オープンスペース・カフェ》
会場:東京都美術館アートスタディルーム(交流棟2階)
時間:15:45〜17:15

「とびらプロジェクト」の活動拠点を公開し、参加者同士がフランクに対話できるカフェを開きます。また、普段の活動を知って頂くための資料を用意し、パネリストやアート・コミュニケータ( とびラー)が皆様からの率直な質問にも答えます。お気軽にお越しください。

★とびらプロジェクトをよく知る3日間:1/29(金)〜1/31(日)★
1月29日(金)〜1月31日(日)までの期間、とびラーが企画したさまざまなプログラムを実施します。とびラーの活動を直に体験することができます。是非ご参加ください。詳細はホームページにて。

[開催情報の詳細]
http://tobira-project.info/f2016
PCワーク&パート・ビジネス情報!
投稿者: sksftec 投稿日:2015/11/10(Tue) 06:59 No.3712
 
゜+.+゜+.+゜+.◆◆◆ 在宅ワーク情報 ◆◆◆ .+゜+.+゜
★PCワークでエクセルワードデータ入力その他パソコンの仕事!
インターネットの普及により、主婦、OL、中高年、年金受給者、定年退職の方々にも
在宅でできる様々な仕事が増えています。
【内職&パートさん募集中です】
お問い合わせ先:下記メールフォームからご連絡ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=930679
http://www2.odn.ne.jp/~cib17140/
ソン・ギウン(作)×多田淳之介(演出) 『颱風(たいふう)奇譚』
投稿者: ft2015 投稿日:2015/11/09(Mon) 21:04 No.3711
 
颱風の後に残るのは――。日韓の名コンビが挑む新版『テンペスト』】
ポップかつ緻密な演出で、古典から自作のパフォーマンスまで、幅広い作品を手がける演出家、多田淳之介と、細やかな感情表現が光る劇作で知られ、日本との演劇交流にも積極的に関わる、韓国の劇団「第12言語演劇スタジオ」の主宰、ソン・ギウン。チェーホフの『かもめ』を日本統治時代の朝鮮を舞台に翻案し、2013年の東亜演劇賞を受賞した『가모메 カルメギ』の名コンビが、シェイクスピア晩年の傑作『テンペスト』を下敷きにした新作に挑む。

【あらすじ】
 時は20世紀初頭、国を追われた王族イ・スンは、南シナ海に浮かぶ孤島で王国の再建を夢見ている。ある日、自分を追いやった甥のイ・ミョンと日本の政治家たちの一行が近くを航行すると知ったイ・スンは、島の妖精に命じて颱風を起こし、彼らを島へとおびき寄せるのだが――。シェイクスピアが遺した和解と再生の物語に、日韓の歴史と文化が重なり、私たちの現在を照らし出す。


11月26日(木)〜 11月29日(日)
会場 東京芸術劇場 シアターイースト
日程 11/26(木)19:00
11/27(金)15:00★
11/28(土)13:00/18:00★
11/29(日)13:00
★ポスト・パフォーマンストークあり
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前
上演時間 2時間(休憩なし・予定)
上演言語 日本語・韓国語(日本語字幕あり)
チケット 一般前売
自由席(整理番号つき)4,000円(当日+500円)
ペア(1枚あたり) ¥3,600
5演目セット ¥3,200
3演目セット ¥3,400
学生 ※当日券共通。当日受付で要学生証提 ¥2,600
高校生以下
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示 ¥1,000

【チケット取扱】
F/Tチケットセンター http://www.festival-tokyo.jp/15/ticket/#section01
東京芸術劇場ボックスオフィス https://www.geigeki.jp/t/
チケットぴあ[Pコード:561-086]http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1541882
カンフェティ http://www.confetti-web.com/


【キャスト/スタッフ】
作 ソン・ギウン
演出 多田淳之介
出演 チョン・ドンファン、チョン・スジ、パク・サンジョン、佐山和泉、小田豊、永井秀樹、山崎皓司、大石将弘、夏目慎也、ペク・ジョンスン、マ・ドゥヨン、チョ・アラ、伊東歌織
美術 島 次郎
舞台監督 ク・ボングァン
照明 岩城 保
音楽・音響 チョン・ヘス
ドラマトゥルク マ・ジョンファ
演出協力 ミン・セロム
演出助手 チョン・ヒョン
翻訳 石川樹里
通訳・制作アシスタント キム・ジョンミン 
美術コーディネーター・小道具 ユ・ヨンボン
衣装 キム・ジョン
メイク チャン・キョンソク
プロデューサー 松井憲太郎(富士見市民文化会館 キラリふじみ)、コ・ジュヨン
制作 矢野哲史(富士見市民文化会館 キラリふじみ)

東京公演
技術監督 寅川英司
舞台監督 佐藤 豪
演出部 壺阪英理佳
音響コーディネート 相川 晶(有限会社サウンドウィーズ)
制作 砂川史織、喜友名織江(フェスティバル/トーキョー)

共同製作 富士見市民文化会館 キラリふじみ、第12言語演劇スタジオ、南山芸術センター(ソウル)、安山アートセンター(安山市)
共催 独立行政法人国際交流基金、公益財団法人キラリ財団
主催 フェスティバル/トーキョー

公演の詳しい情報はこちら!⇒http://www.festival-tokyo.jp/15/program/typhoon/
お問い合わせ先:フェスティバル/トーキョー実行委員会事務局 
        TEL: 03-5961-5202、MAIL: toiawase@festival-tokyo.jp
地上に広がる大空(ウェンディ・シンドローム)
投稿者: ft2015 投稿日:2015/11/09(Mon) 21:02 No.3710
 
スペインの鬼才、アンジェリカ・リデルの日本初招聘作品!

【ネバーランド=ウトヤ島。ユートピアと殺戮の島をつなぐ、魂の詩(モノローグ)】
性、暴力、狂気などをモチーフに、人間の魂の暗部を探求し、詩的な表現へと昇華させる鬼才アンジェリカ・リデル。過激で美しいその舞台は、アヴィニョン演劇祭を始め、ヨーロッパ各地の主要フェスティバル、劇場で上演され、多くの観客に衝撃を与えている。
 今回が日本初演となる本作の主人公は『ピーターパン』のヒロイン、ウェンディ。ネバーランドと多くの若者が死んだ銃乱射事件(2011年)の現場ウトヤ島、年老いた男女が路上でワルツを踊る上海――3つの場所をめぐりつつ描かれるのは、少女でありながらピーターパンの「母親」を演じ続ける彼女の混乱と孤独だ。若さが失われる恐怖、母性神話への憎悪……それらはやがて、リデル自身が演じるウェンディの怒濤のモノローグとなり、客席を圧倒する。時に激しく、時に噛み締めるように、止めどなく吐き出される言葉の先に、私たちは何を見出すだろう。


11月21日(土)〜 11月23日(月・祝)
会場 東京芸術劇場 プレイハウス
日程 11/21(土)  18:00
11/22(日) ☆18:00
11/23(月・祝)14:00
☆プレ・パフォーマンストークあり
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前
上演時間 2時間40分(休憩なし)
上演言語 スペイン語
(一部英語・北京語・ノルウェイ語・フランス語)
日本語・英語字幕あり

【チケット】
一般前売 全席指定 5,500円(当日+500円)
一般前売開始:2015年9月27日(日)10:00より
先行割引販売:2015年9月23日(水・祝)10:00〜26日(土)19:00
4日間限定で、一般前売料金から約30%OFF

【チケット取扱】
F/Tチケットセンター http://www.festival-tokyo.jp/15/ticket/#section01
東京芸術劇場ボックスオフィス https://www.geigeki.jp/t/
チケットぴあ[Pコード:561-087] http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1541883
カンフェティ http://www.confetti-web.com/

【アーティスト・プロフィール】
アンジェリカ・リデル Angelica Liddell
作家、演出家、俳優
1966年スペイン生まれ。アーティストネームである「リデル」は、ルイス・キャロルの小説「不思議の国のアリス」のモデルであるアリス・リデルからとられた。1993年にグメルシンド・プチェと共にアトラ・ビリス・テアトロを設立。性、死、愛、権力、狂気、宗教などを通じ、個人の意識や魂の奥底を見つめることから人間や社会をとらえる作品を作り続けている。混沌と美が共存する詩的かつ過激な舞台は、2013年にオープニングを飾ったウィーン芸術週間をはじめ、アヴィニョン演劇祭、パリ・オデオン座などヨーロッパの主要なフェスティバルや劇場に招聘され、ヨーロッパの演劇シーンで常に高い注目を集めている。また、劇作家、演出家であると同時に、俳優としても自身の作品に出演し、強烈な印象を残している。2012年「La casa de la fuerza」で「スペイン劇文学国家賞」を受賞。また、2013年にはヴェネチア・ビエンナーレ国際演劇祭において「銀獅子賞」を受賞している。


【キャスト/スタッフ】
作・演出・美術・衣裳 アンジェリカ・リデル
出演 ファビアン・アウグスト・ゴメス・ボオルケス、シエ・グイニュー、ロラ・ヒメネス、ジェニー・カーツ、アンジェリカ・リデル、シンド・プチェ、ジャン・チーウェン、マキシム・トロウセット、イエ・サイトー、フェイス(室内楽アンサンブル)、ドン・ウー・シュエイン(中国琵琶)
音楽 チョ・ヨン・ムク
照明 カルロス・マルケリエ
照明操作 オクタビオ・ゴメス
音響 アントニオ・ナバーロ
技術監督 マーク・バルトロ
舞台監督 ジュリオ・プロベンシオ
演出助手 マリア・ホセF・アリステ
制作 グメルシンド・プチェ、イエ・サイトー、ジェニカ・モンタルバーノ
プロデューサー グメルシンド・プチェ
製作 イアキナンディ
共同製作 アヴィニョン演劇祭、ウィーン芸術週間、オデオン座、フェスティバル・ドートンヌ、デ・シンゲル劇場、ルパルビス・シーン国立タルブ・ピレネー劇場
協力 テアトロス・デル・カナル(マドリード)、タンツクウォーター劇場(ウィーン)
助成 スペイン国立舞台芸術音楽機関-INAEM
東京公演
技術監督 寅川英司
舞台監督 渡部景介
演出部 中原和彦、村上 希
美術コーディネート 安倍美波
小道具コーディネート 定塚由里香
音響コーディネート 相川 晶(有限会社サウンドウィーズ)
照明コーディネート 佐々木真喜子(株式会社ファクター)
字幕 上野詩織(舞台字幕/映像 まくうち)
翻訳 田尻陽一
制作 砂川史織、松宮俊文、十万亜紀子
特別協力 駐日スペイン大使館
主催 フェスティバル/トーキョー

公演の詳しい情報はこちら!⇒ http://www.festival-tokyo.jp/15/program/wendys-syndrome/
お問い合わせ先:フェスティバル/トーキョー実行委員会事務局 
        TEL: 03-5961-5202、MAIL: toiawase@festival-tokyo.jp
ぶるどっぐ展 ***ぷれいす
投稿者: artbanchi 投稿日:2015/10/30(Fri) 18:53 No.3709
 
ますはらきぬえ

【会期】
2015年11月22日(日)〜28日(土)
AM11:00〜PM7:00 ※最終日PM6:00まで

【会場】
東京交通会館地下1階
ギャラリー玻瑠(はる)
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL 03-3215-7686(会期中 直通)
※会場の都合上、花・菓子等ご遠慮下さい

【コメント】
ボールペンだけで描いたぶるどっぐたちです!
前田紗希 展 SAKI MAEDA EXHIBITION
投稿者: artbanchi 投稿日:2015/10/30(Fri) 18:53 No.3708
 
【会期】
2015.11.21Sat - 12.13Sun
( 月〜金・日 10:00 - 16:30 土 10:00 - 20:00 )

【会場】
スパニッシュカフェ&バル
sala de estar 1・2F サラデエスタール

京都市中京区富野小路通り
竹屋町上ル桝屋町337
tel&fax. 075-212-1313
E-mail. info@saladeestar.com

*2階*
〈 展示スペース。入場無料。上がる際にはお店の方に一声お願いします。
作家は土日祝、在廊しています。〉
*1階*
〈 カフェスペース。作品あり。ワンオーダー制です。
よろしければ美味しいご飯や飲み物と共に心地よい時間をお過ごし下さい。〉


《 1階カフェでは 23日 DJパーティーを始め各種イベントも同時開催 》
詳細は→ http://sala-de-estar.com/
展示期間中は通常のカフェの営業時間と異なる為、土日の飲食の営業は不規則になります
鈴木繭実 よしいまゆみ 二人展 IV
投稿者: artbanchi 投稿日:2015/10/27(Tue) 14:36 No.3706
 
【会期】
2015年11月10日(火)〜15日(日)
11:00〜19:00(初日10日 13:00〜/最終日15日 12:30〜17:00)

【会場】
日本基督教教団 銀座協会1F
ギャラリー・エルピス
銀座教会東京福音会センター
〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-1
TEL:03-3561-2910

【アクセス】
JR「有楽町駅」 徒歩5分
東京メトロ 銀座駅 徒歩30秒(C8出口出たら左へ)

【コメント】
表情豊かな猫写真と和人形の二人展。
人形の中に猫がそっと忍び込んでいる二人の作品のコラボレーションもあるかも。
お楽しみにご高覧ください。
クリエイターの方、大募集!!
投稿者: share-pocket 投稿日:2015/10/27(Tue) 11:27 No.3705
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  あなたの関するスキルと時間を、もっと他人とシェアしよう。
---------------------------------------------------------
例えば、こんなあなたに。
・自分のスキルを生かして、お金を稼ぎたい。
・今まで作品をでライブをしてみたい。
・もっといろんなヒトに、作品を見てもらいたい
https://www.share-pocket.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
シェア・ポケットでできることは?
---------------------------------------------------------
例えば、、
・あなたのパフォーマンスでお金を稼ぐことができます
・インストラクターとして、お金を稼ぐことができます
・あなたの作品を求めている人からオファーを受けることができます
・あなたの道具を貸し出して、お金にすることができます
・家に眠っている道具や作品をシェアしてレンタル代がもらえます
https://www.share-pocket.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《概要》
ヒト・モノ・スペースのCtoCシェアレンタルサービスSharePocket(シェア・ポケット)は個人間の
「貸したい」と「借りたい」を結びつけ、「シェア」という体験を提供するサービスです。

あなたの持っているヒト・モノ・スペースを、あなたの使わない時間だけ他の誰かにシェアすることで、資産に変えることができます。
また、購入するのはもったいない一時的にしか使わないものは、誰かにシェアしてもらいましょう。
貸し手にも、借り手にも、また地球環境にとってもお得なWin-Win-Winの関係をSharePocketは結びます。

??提供ジャンル
・車・バイク
・トラック
・自転車
・場所
・楽器/レッスン
・子供向け/育児
・家電/掃除
・スポーツ/レジャー
・AV家電/カメラ/ビデオ
・イベント / 季節
・ヒト/時間/スキル
・パソコン/IT機器

《安心取引できる環境作りをめざします》
売買取引ではありません。
あくまで、シェアとレンタルです。
なので、安心した取引ができる環境作りを目指しています。

・延滞金の設定
・損害金 / 損害対応ルール
・紛失金 / 紛失ルール
・サービス内クレジット決済
・ユーザー認証


《お願い》
初めてのCtoCサービスへの挑戦です。
日々、改善し、パワーアップさせていくサービスです。
どんなものでもよいので、これを見ていただいたあなたが
シェア可能なモノやスペースを投稿していただけませんか?

例えば、、、
・月に1度のみ使用するゴルフセット
・買ったきり使ってないダイエット器具
・旅行シーズンだけ使用するカメラ
・週末しかのらない車
・平日しか乗らないトラック
・持て余しているスペース
・次の子供まで使わないベビーカー
・休日しか使用しない音響機器
・防音設備が整った楽器や歌の練習部屋
・あなたの時間
・あなたのスキル
どんなものでも結構です。

「シェア」という経験が、あなたに新しい出会いをもたらします。
是非、投稿・利用してみてください。
シェアで人生を面白く!
さぁ、シェア・ポケットを始めよう!
こちらから →https://www.share-pocket.com/
―情熱を模した絵画的演劇― IDIOT SAVANT 2月公演出演者募集
投稿者: IDIOT SAVANT theater company 投稿日:2015/10/23(Fri) 22:42 No.3704
 
2016年2月下旬のIDIOT SAVANT theater company新作公演に向けて、出演者を募集しております。

イディオ・サヴァンは、詩人でもある主宰・恒十絲(コウトウシ)の紡ぎだす硬質で抒情的な詞(ことば)と強靭でしなやかな世界観を軸に、日本人であることにこだわり、今まで数多くの俳優・ダンサーと共に「その人にしかない表現」を生かした舞台をつくってまいりました。

なによりカッコイイ舞台に立ちたいという方
とにかく体を動かすのが好きな方
ただただ熱い想いとやる気に満ち溢れた方
思い切りそしてどっぷりと表現の世界に浸かりたい方
どうしても変わりたいと切望しておられる方も
ぜひ一度私たちに会いに来てください。
あなたの存在が何かを変えるかもしれません。

お会いしてお話できるのを楽しみにしています。

出演が決定しご希望される方には、本稽古以外に私たちの通常の稽古にも参加していただけるようご用意しております。

最後に、IDIOT SAVANTのことを皆さんに憶えていただけますように。


■公演概要
「(タイトル未定)」
作・演出:恒十絲

本番日程
・2016年2月24(水)〜28日(日)予定
・会場 d-倉庫

本稽古
・2016年初旬〜開始予定(詳細は後日お知らせします)
・新宿区近辺の稽古場にて

チケットノルマ(30枚)あり

■募集要項
オーディションについて
・日程:1)11月18日(水) 2)11月21日(土)
    3)11月25日(水) 4)11月28日(土) 
    5)12月3日(水)
・時間:各日18:30〜21:30
・会場:新宿区内(詳細は応募者にお知らせします)
・内容:実技・面接
・オーディション参加費:2000円

応募資格
・18歳〜35歳の心身共に健康な方
・身体を動かすことが好きで体力に自信がある方
・経験不問

応募方法
・ 下記項目を必ず明記の上、写真1枚(上半身のもの)を添付し、メールでお申し込み下さい。

【必須入力項目】1.お名前 2.性別 3.年齢 4.身長 5.過去の経歴(簡単で結構です。所属先のある方はその旨も明記ください) 6.連絡先電話番号 7.メールアドレス 8.ご希望の参加日 9.どちらでこのオーディションを知ったか(お分かりになればサイト名やURLなど) *必須添付データ:上半身の写真1枚

・締切 各日程の前日21時まで

*応募・問合せ(担当:アカオ)
 idiot.savant@nifty.com
 080-6587-8803
 idiot-savant-theater-company.tumblr.com

ご質問なども受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。
新しい出会いを心よりお待ちしております。

■恒十絲 Koh-Toh-Shi■
IDIOT SAVANT theater company主宰。演出家・脚本家・振付家・詩人。1970年生まれ、第三エロチカ出身。
2002年結成の劇団Purkinje Phenomenonでの全3作品と、2005年5月改称の現IDIOT SAVANT theater companyによる全作品で作・演出・映像監督、振付を務める。発表の場に廃映画館や寺院を選ぶなど、恒十絲の「舞台」は地下劇場だけにとどまらない。また、その表現はすべて、「パフォーミングアート」あるいは「演劇」といった旧来のカテゴリにとらわれない固有の舞台芸術として繰り広げられる。硬質で叙情的な詩・テキストを基軸に、演舞、映像、音楽、美術、そして場所を融合させ張りつめた作品空間をつくる手法が評価を受けている。引き続き、日本人の体躯に合った身体理論とスポーツ医学に則り、独自の演技論と、演舞「祈汎誦(きはんしょう)」の発展を目指す。

■IDIOT SAVANT theater company■
集団名「IDIOT SAVANT(イディオ・サヴァン)」は心理学用語に因む。東京を拠点に活動を展開。
2003年より劇団プルキニエ・フェノメノンの3公演を経て、2005年、現IDIOT SAVANT theater companyに改称。2007年、新宿タイニイアリスから招聘を受け、Alice Festivalに「黒縁のアテ」を発表。続いて2008年東京芸術見本市に「KINK」を出展。さらに2011年「彼方、蓮台野にて-U-BA-SUTE-」、2012年「佯狂のあとで」は、いずれも国際舞台美術ミーティング・ショーケースに出品。横浜の寺院、貞昌院本堂において津軽三味線奏者・小山内薫氏と共同制作を行うなど、高い独創性で国内外から注目を集める。「枕辺の蠅(CAPPER RAVENS)」は、参加したベップ・アート・マンス2012(大分)に華を添えた。
2013年「いのちづたひ」(タイニイアリス)では12時間×4回公演を敢行。観客・演劇関係者ともに賛否両論を呼んだ。2015年4月「現代劇作家シリーズ5:J=P.サルトル『出口なし』フェスティバル(d-倉庫)」に参加、好評を博した。これまで劇中映像撮影のため関東近郊はもとより、三重、鳥取、広島、高知、熊本、大分、宮崎、鹿児島などの西日本から、冬の青森・下北半島、東日本大震災の被災地岩手、宮城、福島まで、全国各地に足を運んでいる。今後も他分野への参加のほか、国内各地・海外公演を視野にパフォーマンスを行う予定。
YOKOHAMA ART DEPARTMENT#06出展者募集中
投稿者: YOKOHAMA ART DEPARTMENT実行委員会 投稿日:2015/10/22(Thu) 16:42 No.3703
 
第6回目となるヨコハマのアートフェスタ【YOKOHAMA ART DEPARTMENT#06】に、出展アーティストを募集しております。

私共のイベントは、より良いアートをカジュアルに多くの皆様にご紹介してアーティストの作品をご購入いただきたいと考えております。

第6回目となる【YOKOHAMA ART DEPARTMENT#06】は、
2015年12月12日((土)、12月13日(日)YCC(ヨコハマ創造都市センター)3階にて
アートフェスタ『YOKOHAMA ART DEPARTMENT#06』開催
展示ブースのご出展を(66ブース×2日間)募集いたしております。
YOKOHAMA ART DEPARTMENT#06
http://www.yokohama-art-department.com/
----------------------------------------------
【YOKOHAMA ART DEPARTMENT#06 募集について】
----------------------------------------------
・開催日:2015年12月12日(土) 12月13日(日)
・開催時間:午後12時〜午後6時
・開催会場:ヨコハマ創造都市センター3階
・会場アクセス:http://www.yokohama-art-department.com/access/
・募集作品:あらゆるジャンルのオリジナル作品
・絵画、イラスト、立体、工芸、写真、ファッション、雑貨等
・出展料: Wブース(建物の壁利用可)、可動壁ブース(壁付)1日:16,200円 2日:30,400円 ワ―クショップブース:16,200円

・電源使用の場合+540円

・イベント紹介はコチラ
 http://www.yokohama-art-department.com/entry/

・各ブースサイズ・出展お申込・詳細ページなどはコチラ
 http://www.yokohama-art-department.com/entry/apply-booth-exhibition/
開催時の様子は、コチラで
http://www.yokohama-art-department.com/archive/05-20141220-sat/


『YOKOHAMA ART DEPARTMENT#06』について、
ご不明点・ご質問などございましたら、
お気軽に下記の連絡先までご連絡ください。

------------------------------------
【YOKOHAMA ART DEPARTMENT#06についてのお問い合わせ先】
YOKOHAMA ART DEPARTMENT実行委員会
(artmania cafe gallery yokohama内)

URL:http://www.yokohama-art-department.com/
Mail:yad@artmania.jp
TEL:045-514-3980
住所:神奈川県横浜市中区野毛町3-122
------------------------------------
オリジナルスマホケース 作りませんか?
投稿者: globe 投稿日:2015/10/21(Wed) 16:26 No.3702
 
オリジナルスマホケースを作りませんか?

弊社独自の技術により側面まで綺麗な印刷ができる「ハイクオリティー印刷」で
iPhoneケースを1点から制作いたします。

【ここがポイント】
・表面が光沢仕上げなので、イラストや写真にぴったり!美しい仕上がりになります。
・側面や角まで印刷可能!
・カメラ穴やボタンの窪みまで印刷できます。
・擦過性に優れており、印刷面が傷つきにくい。
・短時間で製作できるため単価が安い。
・受注は1つからOK!! イベント等で販売したい方も在庫をかかえる必要がありません。
(注文数により割引もございます)

【対応機種】iPhone 5、5s、 6、6s、6 Plus、6s Plus


詳しくは弊社ホームページをご覧下さい。
http://globe.iinaa.net/goods_hp/


【お問い合せ】
e-mail:globe@gol.com
TEL:082-893-5990


☆スマホケース以外にも、オリジナルウォールステッカーの制作も承ります。
http://globe.iinaa.net/goods_hp/about/index.html#ws

☆販売代行サービスもございます。
http://globe.iinaa.net/goods_hp/lms/index.html
ホームページをお持ちでない方でもネット販売できます。
わたしいろ少女展
投稿者: artbanchi 投稿日:2015/10/13(Tue) 16:17 No.3701
 
【会期】
2015年10月20日(火)〜25日(日)
9:30〜16:30 最終日は15:30迄
*入場無料

【会場】
一宮市博物館
〒491-0922
愛知県一宮市大和町妙興寺2390
Tel:0586-46-3215

館内2階 展示ギャラリーにて
※博物館の観覧は有料(¥200)です。

【アクセス】
・名鉄名古屋本線「妙興寺」駅南口より 徒歩7分
・ニコニコふれあいバス「博物館西」より 徒歩5分
MARKiii 個展 『THANK YOU KINDLY!』
投稿者: PerryHouseGallery 投稿日:2015/10/10(Sat) 13:12 No.3699
 
はじめての個展を開催します。
さまざまなタッチの新作やグッズを準備してお待ちしております。

MARKiii(マーキー)
見る人を明るく笑顔にする豊かな色彩感覚とポップで愛らしいキャラクターを描くイラストレーター。
広告.女性誌.ウェブ等、多方面で国内外を問わず活躍中。

期間:2015年10月22日〜27日
時間:11時〜18時30分 最終日は17時30分まで
場所:PerryHouseGallery

URL:http://perryhouse.jp

アクセス:地下鉄半蔵門線 表参道駅 徒歩7分
     地下鉄千代田線 明治神宮前駅 徒歩6分

お問い合わせ:Email:info@perryhouse.jp
矢田明子個展「私のいのちを刻みつける」開催のお知らせ
投稿者: YADAMANIART 投稿日:2015/10/08(Thu) 19:18 No.3698
 
矢田明子個展「私のいのちを刻みつける」を下記の日程・場所で開催いたします。
会期:2015/10/27(火)〜11/8(日)12:00-19:00
会場 ギャラリーshopカオスの間
(京都市営地下鉄東西線「東山」駅から歩いて1分)

私にとって日々の営みとなったドローイングを中心に、0号から100号まで、絵画を中心に様々な素材を使った作品を展示します。私のいのちを、絵に託して。
今回は今までやってきた個展の中でも一番大がかりなものになる予定です。もう飛行機に乗ってでも来てほしいくらいです。よろしくお願いいたします。
Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫 「氷上のフルーツポンチ」
投稿者: 横浜赤レンガ倉庫1号館 投稿日:2015/10/07(Wed) 15:23 No.3697
 
横浜の冬の風物詩となった横浜赤レンガ倉庫のスケートリンク「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」。コンテンポラリーアートに接し身近に感じていただける「参加・体験」アートイベントとして、毎回異なるアーティストが空間を演出します。11回目の開催となる今回は、原田しんやと関かおりによる夫婦イラストユニット『はらぺこめがね』が、「氷上のフルーツポンチ」をテーマにスケートリンクを彩ります。

■開催期間等 《期間中、天候等により休業や営業時間を変更する場合があります。》
2015年12月5日(土) 〜 2016年2月21日(日)
平日 13時00分〜22時00分 / 土日祝 11時00分〜22時00分


■料金
[入場料]高校生以上500円 / 小中学生 400円 / 3歳以上300円
[貸靴料]500円   [付き添い観覧料]200円

■問合せ
横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
045-211-1515
ハロウィンイラストを募集しております
投稿者: 白河甚平 投稿日:2015/10/06(Tue) 09:21 No.3696
 
ことどり図書館は今年で1年を迎えることができました。
この度は「ハロウィン」をテーマにしたイラストを募集いたします
(投稿募集日は10/25を予定)。優秀賞を決める投票方法などは後日連絡いたします。
皆様の素敵なイラストのご投稿をお待ちしております。
FRACAN joint exhibition of fashion
投稿者: PerryHouseGallery 投稿日:2015/10/01(Thu) 14:56 No.3695
 
武蔵野美術大学空間演出デザイン科ファッションコース卒業10年目を記念したOBによる展覧会。帽子、靴、バック、アート、アクセサリー、ポートレイト、などファッションにまつわる作品を展示致します。皆様に、7人のアトリエに遊びにきて頂くような感覚で楽しんいただければと思います。皆様のお越しをお待ちしております。

期間:2015年10月8日〜13日
時間:10時〜18時30分 最終日は17時30分まで
場所:PerryHouseGallery

URL:http://perryhouse.jp

アクセス:地下鉄半蔵門線 表参道駅 徒歩7分
     地下鉄千代田線 明治神宮前駅 徒歩6分

お問い合わせ:Email:info@perryhouse.jp
iPhoneケース展2015 -iPhone Creative Festa-
投稿者: 横浜赤レンガ倉庫1号館 投稿日:2015/10/01(Thu) 12:35 No.3694
 
iPhoneケース展とは「世界初100人のアーティスト・企業・作家が作るiPhoneケースギャラリー」としてスタート。iPhoneケースをキャンバスに、様々な業界の参加者が「ここでしか買えないiPhoneアートケース」を一点物の作品ケースを展示・即売するイベント。2010年に横浜赤レンガ倉庫で初開催され、その後、東京(銀座・六本木)、大阪(心斎橋・梅田)、名古屋(栄)、フランス(パリ)でイベントを開催。

難しい顔で眺めるような「アート」ではなく、もっと身近で、楽しく笑い合える、そんなワクワクのつまった展示会、会場を訪れた人が思わず「かわいい!」「おもしろい!」と声をあげてしまう、発表者と観覧者、協力者、皆がHAPPYになれる展示会を目指し、国内外で活動しています。

同時に昨年ご好評頂いた「iPhone写真展」「クリエイターが作るダンボー展」も開催いたします。

■iPhoneケースアートギャラリー
■iPhone写真展
■iPhoneアクセサリーグッズマーケット
■ガジェット博覧会
■作って・遊んで・持ち帰ろう!ワークショップ
■スペシャルトークステージ
■学生展示

主催:iPhoneケース展事務局
共催:横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
日時:平成27年10月24日(土)〜25日(日)
10:00〜18:00 ※最終日17時まで
料金:入場無料
場所:横浜赤レンガ倉庫 1号館(1F・2F)
URL:http://iphone-caseten.com/

お問合せ:横浜赤レンガ倉庫1号館 045-211-1515
コドモノカオ展 −遠藤林子と子供たち−
投稿者: artbanchi 投稿日:2015/09/30(Wed) 13:38 No.3693
 
【会期】
2015年10月7日(水)〜10月11日(日)
11:00〜18:00(最終日17:00まで)

【会場】
ギャラリー 花眠 Gallery Kamin
〒247-0062
神奈川県鎌倉市山ノ内857-8
TEL/FAX 0467-53-8370
※初日17:00よりオープニングパーティーを開催いたします。
よろしければぜひご参加ください。

【アクセス】
北鎌倉駅の「西口」を出て右折。
3つめの信号を左折して川を渡り、レストラン「航」の手前を左折してすぐ。
駅より徒歩7分。

【コメント】
緑豊かな八王子の丘で、絵画教室を営んで30年の林子先生こと遠藤林子が、
教え子たちや旅で出会ったアフリカやスペインの子供たちを、
慈しむように細やかな筆致で描きました。
ひとりひとり個性きわだつ子供たちの表情をどうぞご覧ください。
【はじまりのはじまりー80年代後半からの新たな動向の目撃者の証言】
投稿者: 3331ARTS CYD 投稿日:2015/09/17(Thu) 15:48 No.3692
 
【はじまりのはじまりー80年代後半からの新たな動向の目撃者の証言】
中村政人個展「明るい絶望」関連トークセッション

●日時: 10月10日(土)15:00-17:00       
●参加料:一般 1200円/学生 800円 ※1ドリンク付き
●詳細・お申込み方法:http://ptix.co/1LzJs99

会場:3331 Arts Chiyoda 1階 ラウンジ
出演/村田真(美術ジャーナリスト)× 中村政人(アーティスト)
聞き手/中ザワヒデキ(美術家)

中村政人個展『明るい絶望』期間中、アーツ千代田 3331にて全9回の関連トークセッションを開催します。
90年代前半のアートシーンを検証し、現在と未来のアートのあり方を考察するためのシリーズ初回は
美術ジャーナリストの村田真氏をゲストに迎え、美術家の中ザワヒデキ氏をまじえて80年代後半、主に東京での現代アートシーンを検証していきます。
中村政人の本格的なデビュー前、ひとつ上の世代による現代アートシーンの形成期から、90年代初頭のまったく新たな動向の誕生までを目の当たりにしてきたジャーナリストの視点により、中村政人と東京アートシーンを振り返ります。

中村政人個展「明るい絶望」特設サイト: http://m.3331.jp/
ヨコハマ フォトフェスティバル 2015
投稿者: 横浜赤レンガ倉庫1号館 投稿日:2015/09/09(Wed) 11:08 No.3691
 
2010年より継続的に行っているフォトイベント。
展示・トークショー・ワークショップ等を、織り交ぜたプログラムで、写真が持つ可能性の提示と、写真を通して人々のつながりを強化することを目的としたヨコハマ フォトフェスティバルは、横浜から「写真の持つ力」を広く国内外に発信し、グローバル社会における写真の文化的プラットホームを築くため、ポートフォリオレビューやシンポジウム、写真展、ワークショップなど、多角的なプログラムを横浜赤レンガ倉庫1号館で開催します。今年のキーワードは「日本最大級の暗室、出現!」

名 称:ヨコハマ フォトフェスティバル 2015
開催期間:2015年10月3日(土)・4日(日)11:00〜21:00(※プログラムによって変動あり)
開催場所:横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース(横浜市中区新港1−1−1)
入場料:無料(※プログラムによって有料のものも含む)
URL:http://www.ypf.jp/

主 催:ヨコハマ フォトフェスティバル実行委員会
(代表幹事:特定非営利活動法人 ザ・ダークルーム・インターナショナル)
共催:横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
お問合せ:横浜赤レンガ倉庫1号館(TEL:045-211-1515)

ウォールフォトレビュー
プリントウォーズ展
モノクロームレジェンド展
巨大カメラオブスクラ体験
多穂飛翔−もうひとつのto・yo・ha・shi− 佐久間直樹写真展
投稿者: artbanchi 投稿日:2015/09/03(Thu) 20:38 No.3690
 
Be plentiful, Soar aboue!
−the alternative TOYOHASHI―

【会期】
2015年9月7日(月)−12月1日(火)

【会場】
cafe&gateaux knohd(カフェ&ガトー ノード)
愛知県豊橋市駅前大通1-111
tel 070(6533)6664
営業時間 8:00−18:00 水曜日定休
(モーニング 8:00−11:00、ランチ 11:30−14:30)

*店内禁煙  *入場は無料です。1オーダー以上をお願いします
*Facebook 『多穂飛翔―もうひとつのto・yo・ha・shi』展ページもご参照ください

【アクセス】
*豊橋駅・新豊橋駅から徒歩3分 *駐車場は2台分です。

【コメント】
豊かであれ!そして高く舞いあがれ―。
「もうひとつ別の」視点から撮った、豊橋市の写真約70点を展示する、多穂飛 翔(たほひしょう)展。
?進化するexpo.?をモットーに、毎月、写真を一部差し替えます。
開業3周年を迎えるknohdにとっては、記念となる展覧会。
真白の壁が初めて作品で彩られます。店主ご夫婦自慢のケーキ・珈琲とともにお 楽しみください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 |
41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 |
61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 |

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -

NO: PASS:


- KENT -

PR
ネット小説投稿サイト novelist.jp(ノベリスト.JP)
サイト内検索
クリエイター掲示板
Copyright (C) 1999-2014 SHINKA.Net All rights reserved. Powered by ShinkaNet Inc.