Login

ユーザ名:

パスワード:


新規登録 / パスワード紛失

Contents

オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが クリエイター掲示板 を参照しています。)

 登録ユーザ: 0
 ゲスト: 16

もっと...

 


 クリエイター関連の宣伝、募集などの告知用掲示板です、どうぞ自由にご活用頂ければ幸いです!
  あなたのHPをご紹介ください!   クリエイター関連の宣伝告知!   クリエイター関連の募集告知!   作品募集関連の公募告知!  
| ホームページPR BBS | 情報宣伝告知 BBS | クリエイター募集BBS | 公募・作品募集BBS |
  制作依頼募集の自己PRに!   クリエイティブ関連の求人募集に!  
| お仕事"やります"BBS | お仕事"あります"BBS |

・ 当サイトの主旨に反するご投稿や、下記のルールが守られていないご投稿は予告なく削除します。
・ また、各BBSへの同一内容の連続投稿や、上位表示のための連日の投稿はご遠慮ください。
・ 投稿後のURLの書き忘れや補足は、新規投稿とせず、投稿内容の編集か返信で補足などでご修正ください。

ご投稿には 【 ログイン(メール登録のみ) 】 が必要です。

情報告知BBS
ショート脚本集作りました。
投稿者: 後藤雄一 投稿日:2010/11/13(Sat) 10:33 No.2619
 
表現ユニット「シナツヒコ」代表、
元「はいてっくくねくね」主宰、後藤雄一と申します。
このたび、僕のショート脚本集ができましたので、お知らせします。
稚拙な作品群ではありますが、是非よろしくお願いいたします。

『ホワイトフラワーズ 後藤雄一短編脚本集 1』
表題作の女性二人芝居「ホワイトフラワーズ」の他、朗読劇やネットラジオ用の作品、前劇団・はいてっくくねくね時代の作品など、ショートばかりを8本掲載しています。
■収録作品:ホワイトフラワーズ/ゴムチューブ/冷蔵庫/チャイナマーブル/金魚すくい/鰹/ネラサンターニア/ホワイトクリスマス

『木端堂書店』にて購入できます。
http://hqbrain.cart.fc2.com/ca38/73/p-r25-s/
カード決済ご希望の方、データでダウンロード購入したい方は
『マイブックル』でご購入下さい。
http://www.mybookle.com/indiv/bookle/2184
Studio Swallowtail撮影会
投稿者: fuujin 投稿日:2010/11/12(Fri) 00:23 No.2618
 
Studio Swallowtail撮影会
-----------------------------
開催日 :2010年11月13日(土)
撮影場所:多摩センター
集合時間:11:00(開始:11:30)
撮影時間:4時間(休憩含む)
参加費 :7,000円
定員  :5名
モデル :宮川すず
衣装  :私服
------------------------------
申し込みはStudio SwallowtailのHPまで
http://scarecrow.tv/swallowtail/index.shtml
ペンタブdeコミックにメイキング掲載中。
投稿者: 夏本 投稿日:2010/11/09(Tue) 19:44 No.2616
 
ワコムのペンタブdeコミック広場にメイキング掲載中です。
http://www.comic-hiroba.jp/technic/author/natsumoto/
今月のペンタブdeコミック広場のトップも
イラストが採用されています。
http://www.comic-hiroba.jp/
年賀状素材募集のご案内
投稿者: DL-MARKET 投稿日:2010/11/08(Mon) 14:13 No.2614
 
クリエイターのみなさんへ

デジタルコンテンツのダウンロード販売サイト「DL-MARKET」を
運営しておりますDL-MARKET株式会社です。

今回は2011年『卯年』の年賀状素材のことでお知らせいたします!
うさぎはもちろん年賀・正月などをモチーフにしたデザインを
ぜひDL-MARKETで発表してみてください!


●販売・配布

ダウンロード会員様が11万人おられますので
クリエイターみなさんの年賀デザインを販売してみませんか?
もちろん無料配布もできますのでぜひご利用頂ければと思います。

 アップロード会員ガイド
 http://www.dlmarket.jp/how_to_upload.php


●素材利用

年賀状素材を利用したい!という方もぜひご利用ください!

 ダウンロード会員ガイド
 http://www.dlmarket.jp/how_to_download.php


11月下旬頃デジタルコンテンツ共同購入『DLデジポン』もスタートしますので
クリエイターのみなさんも素材を探されている方々も
様々な方々に使って頂きたいと考えております。

それではまず一度ホームページにお越しください!
スタッフ一同、ご利用を心よりお待ちしております。


 DL-MARKET
 http://www.dlmarket.jp/


■■━━━━━━━━━━━━━━━━
DL- MARKET運営事務局
担当:村川
info@dl-market.com
━━━━━━━━━━━━━━━━■■
注目のコンサートです。お見逃しのないように!
投稿者: 花野井美貴子 投稿日:2010/11/07(Sun) 16:19 No.2611
 
< 詩人・有馬敲氏の自作詩の朗読会とシンガー岡大介によるフォークソングコンサートのお知らせとお誘いのご案内>



先の10.11浅草木馬亭での両国フォークロアセンター盛況のうちに無事終了いたしました。ありがとうございます。


さて、今回は、両国フォークロアセンターでは、11月28日(日)に、京都より詩人・有馬敲氏をお招きして、自作詩の朗読会とシンガー岡大介によるフォークソングコンサートを企画いたしました。

有馬さんは、故高田渡の名曲「値上げ」(原題「変化」)の作者としても知られていますが関西の地において、60年代半ばのフォークソングムーブメント、世にいう「関西フォーク台頭期から、長く活躍されている詩人であり、故中山容、片桐ユズル氏ら英文学者と共にそのフォークソング運動を言葉の側から理論的に支えた中心人物です。

69年、その高田渡、故岩井宏・中山容氏と、フォーク雑誌『ばとこいあ』を発刊し、フォークコンサートと詩の朗読会を催し、以降詩の朗読+フォークソングの集いという方向性を確立された方です。故に日本で最も多くのフォークシンガーが詩に曲をつけた詩人として「日本フォークソングの父」と称されています。また海外からも詩のアンソロジーを組む場合、邦人の方として収録されることが多々ある非常に高名な詩人です。

今回は、神田の沖積舎より、『有馬敲全詩集』刊行間近ということもあり、出版記念会を兼ねて、お招きして特別に詩の朗読会を企画いたしました。

また、フォークシンガー岡大介は、まだ三十代前半の若手ながら、かんから三線というユニークな楽器を片手に全国を回っている期待の歌い手であり、近年、NHKをはじめマスコミ登場回数ナンバーワンのフォーク界きっての人気者です。彼は高田渡に深く私淑し、明治大正期の演歌に造詣が深く、添田唖蝉坊のうたなども多くレパートリーに加えております。今秋、セカンドアルバムとして「かんからそんぐ?詩人・有馬敲をうたう」(解説/中川五郎)と題して有馬氏の詩に曲をつけたアルバムをオフノートより出したところです。これは高田渡へのオマージュであり、深く敬愛するフォークソングの父・有馬氏へのトリビュートアルバムだとも言えるかと思います。

当日は、有馬氏とは60年代より親交ある、関西フォーク黎明期から活動されているベテランシンガーであり、音楽評論家、翻訳家でもある中川五郎氏も多忙な最中かけつけて、有馬・岡両氏に関してのお話をされる予定です。また有馬さんを慕う東京のシンガーも他にも参加します。

有馬さんは、今も大変元気でいらっしゃいますが、なにぶん高齢でもありおそらく東京での詩の朗読会はこれが最後となるかもしれません。両国フォークロアセンターにおいて40周年記念の年に、高田渡とも関係深い京都の高名な詩人、有馬敲氏をお招きし、若手の人気者岡大介と共に詩の朗読会とフォークソングコンサートを企画できることをとても光栄に思います。おそらくこの顔合わせは今回一度限りと覚悟しています。どうかこの機会を逃されることないようお誘いあわせの上お越し願います。

                以上文責 マスダ昭哲

※当日は予約制となっておりますので、お手数ですが、電話及びメール等でマスダまでお名前と電話番号など予めお申し込みください。

♪Song Workshop―歌は何処から来て何処へ行くのか?vol.5 特別編

〜デフレ時代のウツに風穴をあける乾坤一擲! 

記念フォークコンサートと詩の朗読会


有馬敲 新詩集『糺の森』および『全詩集』出版&

岡大介新CD『かんからそんぐ?詩人・有馬敲をうたう』

発売記念 コンサートと詩の朗読会@フォークロアセンター

★出演:有馬敲 岡大介 中川五郎 みほこん 水崎野里子

◆日時:2010年11月28日(日) 14:30 開場 

15:00〜18:00頃 ※その後、出演者を囲んで懇親会(別途千円)を予定してます。

どなたでもお気軽にご参加ください。

◆会場:両国フォークロアセンター 〒130-0025 
東京都墨田区千歳1-5-15
◆料金:予約¥2000ドリンク付き。 当日¥2500  
※懇親会別途¥1000 
★問い合わせ 予約:フォークロアセンター国崎 
03-3631-8273
企画進行役:マスダ 090-8175-8479 masdart@corp.email.ne.jp

※席に限りがありますのでご予約をオススメします。



                      
bummei HARADA 原田文明展
投稿者: 原田文明 投稿日:2010/11/06(Sat) 19:25 No.2610
 
2010年11月3日wed―12月12日sun
9:00― 17:30

岩国市周東パストラルホール(0827-84-1400)



本展はこれまで取り組んできた「具体絵画」の一断面を示すものとして、90年代のはじめ頃から全国各地の美術コンクール等々に出品した作品とドローイングとインスタレーションによる新作を中心に構成しています。
私は美術文化協会に所属しシュールリアリズム(超現実主義)の絵画から出発した後、1977−81年にかけて「荒れた大地」、「青の色面」、「白の壁面」、あるいは「ステンレスの金属板」などで構成する断片提示(モンタージュ)シリーズを発表しています。この時、すでに通常の絵画制作とは異なる独自の思考に基づく営為を意図していたのかも知れません。つまり、私はこれらの絵画を描きながら平面上のインスタレーションともいうべき世界を模索しうろついていたようにも思うのです。
それ以後、制作における私の関心事は「行為」と「物質」と「場所性」へと向かい、空間造形(インスタレーション)の発表と併行して絵画表現の可能性を模索してきました。それは抽象や具象というこれまでの概念とは異なる新しい絵画の方向性を求めるものでした。つまり、絵画を成立させる重要な要素として物質性を重視することで、より直接的な表現とイリュージョンの可能性を探求する作業だったとも言えます。
そういう表現への欲求から、1989年に岩国市徴古館で発表した「木調への眼差し」という一連の作品を制作しました。その後、絵画における物質性への追求は、木を削り、記号や描かれたドローイングの線、貼り付けられた金属、モルタルなどが錯綜するミクストメディアの作品へと発展してきました。この一連の作品を私は「具体絵画」と名づけています。このように「具体絵画」はイリュージョンを否定するものではありませんが、描かれたものとは異なる具体的な物質性を絵画の極めて重要な構成要素とする独特な考え方に基づいているのです。
新作ドローイングインスタレーションは、これらの絵画制作の過程で必然とも偶然ともいえる結果として発見されました。この度、この新作とともにこれまでの具体絵画の一断面を示す作品を同時に発表する機会をいただきたいへん有難く思っています。ご来場ご高覧いただければ幸いです。
北口広美 -時明り-
投稿者: artbanchi 投稿日:2010/11/06(Sat) 18:47 No.2609
 
【画像付き展覧会情報はこちら】
http://www.artsurf.jp/modules/artnews/2017


【会期】
2010年11月8日(月)〜 11月13日(土) 11:30〜19:00(最終日17:00)

【会場】
art space kimura ASK? (アスク・アートスペース キムラ)
http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/
〒104-0031
東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
Tel 03-5524-0771


【アクセス】
http://www.artsurf.jp/modules/weblinks/singlelink.php?lid=2256
営団地下鉄銀座線「京橋駅」2番出口より徒歩1分。 
都営浅草線「宝町駅」4番出口より徒歩2分。
JR「東京駅」八重洲南口より徒歩10分。
※1階に南天子画廊あり


【代理投稿者】
※投稿内容についてのお問合わせはアート番地美術印刷へ
http://www.art-dm.net/
Craft Works クラフトワークス
投稿者: 新村竜也 投稿日:2010/11/05(Fri) 23:32 No.2608
 
2010 11/23(火)〜11/28(日)
11:00〜19:00
Shimokita Art Space
東京都世田谷区北沢2-9-3久富ビルB1F
http://www.shimokita-art.com

ガラス、陶磁器、金属、木工・漆の作家有志8名による展示会
解良明美、新海渡、高橋正裕、新村竜也、隼瀬大輔、
浦野さつき、星野明宏、山田智子
展示&アートイベント【エコシフト台東】はじまります!
投稿者: gallery COEXIST 投稿日:2010/10/31(Sun) 16:48 No.2604
 
台東区にあるgallery COEXISTです。

【エコシフト台東】
東京アートシーンの新たなホットスポットとして注目を集める台東区の4つのギャラリーを中心に連携し、
アートによる環境運動を促進するアートイベントを開催致します
≪参加ギャラリー≫
ギャラリー空  http://www.geocities.jp/gallery93cafe/index.html
Art Lab AKIBA http://homepage3.nifty.com/ginken/event/010/
MAKII MASARU FINE ARTS http://www.makiimasaru.com/mmfa/index.html
gallery COEXIST http://www.coexist-art.com/index.html

■合同レセプション
11月6日(土)19:30−21:30
集合場所:gallery COEXIST 参加費用:500円(Free Drink) ※当日は限りが御座いますが、軽食やお飲み物をご用意させて頂きます。
同日はツアー&ワークショップも開催されますので、是非お気軽にお越しください!

■gallery COEXISTの展示
【UAMOU×オトギデザインズ展】
11月6日(土)- 11月28日(日)
台東デザイナーズビレッジに在籍、卒業したクリエイターによる制作時にでる廃棄物をメイン素材とした本格的なアート展示。

■イベント&ワークショップ
●『台東区を撮ってMYカンバッチを作ろう』※デジタルカメラをご持参下さい
11月6日(土)15:00−17:00 gallery COEXISTに集合
ガイドと共に、参加ギャラリーを巡るツアーを開催します。
また道すがら、台東区内を散策し写真を撮影→MYカンバッチを作成します!
カンバッチはお持ち帰れるのと同時に、地図上にマッピング!現在の台東区の風景を記録に残しましょう。
5年後、10年後の変化してゆく街並みを想像しながら、残して行きたいものや現在の自分を考える機会になればと思います。
※そのままレセプションパーティをお楽しみください!
≪ツアールート≫
COEXIST→Art Lab AKIBA→マキイマサルファインアーツ→COEXIST

●『ピンホールカメラ製作・撮影ワークショップ』
11月13日(土) 13:00−17:00 Art Lab AKIBA 参加費用500円 ※空き箱・空き缶をご持参下さい
捨ててしまうような空き缶や空き箱など、身近な箱を暗箱にして自作のピンホールカメラで撮影します。
定員がございますので、お問い合わせ下さい。→mitosyu@yahoo.co.jp

●『ZOORI Workshop』
11月14日(日)14:00 - 16:30 参加費用1000円
昨年も大好評!ハギレを使った可愛い草履を作るワークショップです!
定員がございますので、お問い合わせください。→mail: gallery_coexist@yahoo.co.jp tel: 03-6803-2035

スタッフも思わず参加したくなってしまう楽しいイベントが盛りだくさんです。
詳細はhttp://www.coexist-art.com/ecoshift2010.htmlのイベント、展示情報をご覧ください。

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください!
【gallery COEXIST】
TEL:03-6803-2035
Mail:gallery_coexist@yahoo.co.jp
Web:http://www.coexist-art.com/index.html
twitter:http://twitter.com/gallery_coexist
柴田友里子
投稿者: artbanchi 投稿日:2010/10/30(Sat) 23:34 No.2603
 
【画像付き展覧会情報はこちら】
http://www.artsurf.jp/modules/artnews/1986

【会期】
2010年10月31日(日)〜11月6日(土)
12:30〜19:00(最終日17:30)


【会場】
Gallery 銀座 フォレスト・ミニ
〒104-0061
東京都中央区銀座1-9-8奥野ビル513
TEL:03-3564-3564


【アクセス】
http://www.artsurf.jp/modules/weblinks/singlelink.php?lid=2094


【代理投稿者】
※投稿内容についてのお問合わせはアート番地美術印刷へ
bummei HARADA 原田文明展
投稿者: 原田文明 投稿日:2010/10/30(Sat) 22:24 No.2602
 
2010年11月3日wed―12月12日sun
9:00― 17:30

岩国市周東パストラルホール(0827-84-1400)

本展はこれまで取り組んできた「具体絵画」の一断面を示すものとして、90年代のはじめ頃から全国各地の美術コンクール等々に出品した作品とドローイングとインスタレーションによる新作を中心に構成しています。
私は美術文化協会に所属しシュールリアリズム(超現実主義)の絵画から出発した後、1977−81年にかけて「荒れた大地」、「青の色面」、「白の壁面」、あるいは「ステンレスの金属板」などで構成する断片提示(モンタージュ)シリーズを発表しています。この時、すでに通常の絵画制作とは異なる独自の思考に基づく営為を意図していたのかも知れません。つまり、私はこれらの絵画を描きながら平面上のインスタレーションともいうべき世界を模索しうろついていたようにも思うのです。
それ以後、制作における私の関心事は「行為」と「物質」と「場所性」へと向かい、空間造形(インスタレーション)の発表と併行して絵画表現の可能性を模索してきました。それは抽象や具象というこれまでの概念とは異なる新しい絵画の方向性を求めるものでした。つまり、絵画を成立させる重要な要素として物質性を重視することで、より直接的な表現とイリュージョンの可能性を探求する作業だったとも言えます。
そういう表現への欲求から、1989年に岩国市徴古館で発表した「木調への眼差し」という一連の作品を制作しました。その後、絵画における物質性への追求は、木を削り、記号や描かれたドローイングの線、貼り付けられた金属、モルタルなどが錯綜するミクストメディアの作品へと発展してきました。この一連の作品を私は「具体絵画」と名づけています。このように「具体絵画」はイリュージョンを否定するものではありませんが、描かれたものとは異なる具体的な物質性を絵画の極めて重要な構成要素とする独特な考え方に基づいているのです。
新作ドローイングインスタレーションは、これらの絵画制作の過程で必然とも偶然ともいえる結果として発見されました。この度、この新作とともにこれまでの具体絵画の一断面を示す作品を同時に発表する機会をいただきたいへん有難く思っています。ご来場ご高覧いただければ幸いです。
梶原慶治 作陶展
投稿者: artbanchi 投稿日:2010/10/29(Fri) 11:39 No.2601
 
【画像付き展覧会情報はこちら】
http://www.artsurf.jp/modules/artnews/1980


【会期】
2010年10月30日(土)〜11月6日(土)
AM 11:00 〜 PM 7:00(日曜・祝日・最終日はPM 5:00 まで/会期中無休)


【会場】
うつわ一客 東京店
〒150-0001
東京都 渋谷区神宮前4-7-3 神宮前HMビル2F
TEL:03-5772-1820

【アクセスマップ】
http://www.artsurf.jp/modules/weblinks/singlelink.php?&lid=2099


【コメント】

箱根の山の麓、移りゆく季節を感じながら日々、新たな気持ちで作陶しております。
この度、青山のうつわ一客にて個展を開催することとなりました。何卒、ご高覧の上、ご指導賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

梶原慶治


【代理投稿者】
※投稿内容についてのお問合わせはアート番地美術印刷へ
注目のお芝居があります!
投稿者: 花野井美貴子 投稿日:2010/10/29(Fri) 09:58 No.2600
 
私の役者デビュー、初舞台を踏んだ劇団で、

公演が、あります。

座長は、大島先生、看板女優の峰岸綾子さんの

おふたりとは、ずいぶん、長いお付き合いをさせて
いただいております。


大島座長の演出は、とてもユニークな味付けをされる
お芝居が多く、観客たちからの評判も抜群!
生涯に1回は、必ず、観るべきだと強くお勧めします。
ここの芝居を観ずに、三途の川を渡ることだけは、
お勧めできません。絶対に、観てください。

「後悔」という言葉をあなたに言ってほしくない。

だから、そんな言葉を言わないためにも、観ることを
お勧めします。


あの! お笑い芸人が芝居にチャレンジします!

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o


■ 劇団吹きだまり第66回公演のお知らせ ■


「夏の夜の夢」、作 /Wシェイクスピア、訳/小田島
雄志、演出/大島信久

2010年11月18日(木)〜21日(日)

会場: 武蔵野芸能劇場にて

http://www.fukidamari.jp/performance.html#top

詳細は、サイトをご覧ください。


*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o

電子チケットぴあ、ローソンチケットで、チケットが
手に入ります。


当日は、私も観客として、うろうろしています。
気がつかれた方は、ご遠慮なく、お声をかけて
ください。

どうぞよろしくお願いいたしまーす♪
“手描き職人”竹内志朗『テレビと芝居の「手書き文字」』出版会見
投稿者: 吉永安智 投稿日:2010/10/26(Tue) 13:00 No.2596
 
「テロップさん」と呼ばれた職業の軌跡。
11月10日道頓堀ZAZAにて11時より会見開始

 舞台装置デザイナーで、手書きタイトル作家の竹内志朗は、関西テレビ業界と商業演劇の「手書き文字」をテーマにした書籍『テレビと芝居の「手書き文字」』を11月10日に出版します。
  つきましては、同日午前11時より道頓堀ZAZA(大阪市中央区)にて、出版記念記者会見を開催します。

  本書は、竹内志朗の記憶を頼りに編集した、テレビ放送開始当時からのタイトルテロップ(字幕)制作を綴った記憶です。現代、テレビ番組のテロップはコンピュータ制御されていますが、'90年代前半までは手書きが主流でした。通称「テロップさん」と呼ばれていた今は無き職業が存在していたことなど、大阪のテレビ業界、商業演劇の舞台の変遷とともに歩んできた竹内志朗の半生を「手書き文字」の観点からまとめました。

【書籍データ】
書籍名 :『テレビと芝居の「手書き文字」』
体 裁 :単行本(A4ヨコ)ソフトカバー
ページ数:184ページ
著 者 :竹内志朗
出版社 :イグザミナ

【『テレビと芝居の「手書き文字」』出版記念 記者会見】
日時:平成22年11月10日(水) 午前10時30分開場  11時開始
会場:道頓堀ZAZA(中座くいだおれビルB1F)
大阪市中央区道頓堀1‐7‐12 中座くいだおれビルB1F

スケジュール
11時 ご挨拶
11時10分 手書き文字・テロップ実演
11時30分 終了予定

【竹内志朗プロフィール】
舞台装置家。1933年大阪市生まれ。1950年頃から関西を中心に舞台装置デザイナーとして、数多くの商業演劇に参加。大ベテランになった現在も現役として活動中。また、舞台装置以外にもテレビ・映画のタイトル文字、グラフィックデザイン、CM制作など多分野で才能を発揮する。俳優・故藤田まこと氏のテレビドラマ『必殺シリーズ』のすべてのサブタイトルおよびエンドロール、演劇『必殺シリーズ』の舞台装置は竹内氏の手によるもの。
【手描き職人 竹内志朗 公式サイト】:http://www.writer.co.jp/takeuchi/

  11月10日(水)の記者会見に出席いただける方は、媒体名および出席者の氏名を11月5日(金)までに、下記までお知らせください。
※フリーランスの方でも、掲載・放送ができそうな媒体があれば、媒体名とともにお知らせください。

■会社概要■
名  称  :合同会社WRITE STAFF
代表者  :北村盛康(きたむら もりやす)
所在地  :〒530-0055 大阪市北区野崎町1-25 新大和ビル2F
TEL:06-6364-5657  
FAX:06-6364-5586
運営サイト:
「フリーライター&コピーライター情報サイト |大阪発:関西ライター名鑑」 
http://www.writer.gr.jp/
「宣伝名人 | プレスリリース配信」 http://www.writer.co.jp/


【本件に関する問い合わせ先】
合同会社WRITE STAFF
担当者:北村
TEL:06-6364-5657
mail:info@writer.co.jp
画狂人 上村一夫展 狂人関係――北斎に最も近づいた男
投稿者: 下北沢GAoh! 投稿日:2010/10/24(Sun) 13:13 No.2590
 
★会期
2010年11月2日(火) 〜 21日(日)
月曜定休 入場無料

★概要
本展示は上村一夫生誕70年、葛飾北斎生誕250周年という記念の年に、
葛飾北斎の生涯をテーマにした「狂人関係」という作品に焦点を絞って、
その原画や扉絵、実際の北斎の復刻版の浮世絵展示などが中心となる予定です。
また、物販では上村一夫の世界観を伝統工芸とコラボレーションさせることで
表現した伝統木版画や漆器なども販売予定です。
浮世絵は伝統木版の名工アダチ版画研究所の制作による物で限定各60枚。
漆器(正式名:白蝶貝彫刻黒呂色磨き 飾り箱)は岩田俊彦と時蔵工房・岡英雄による共作で、
限定1品のみの貴重な作品となっております。

展覧会詳細はこちら
http://gaoh.jp/gallery4.html?p=gakyoujin
浮世絵版画ページ
http://gaoh.jp/gallery4.html?p=kamimura

★開催場所
下北沢GAoh! B1ギャラリー
〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-35-7
小田急線・京王井の頭線 下北沢駅徒歩4分

TEL/FAX: 03-5787-6747
Mail:info@gaoh.jp
URL:http://gaoh.jp
倉田有希 写真と俳句展 風と光の散歩道 彩
投稿者: 倉田有希 投稿日:2010/10/23(Sat) 20:37 No.2589
 
会期 2010年11月3日(水)〜7日(日)
時間 11:00〜19:00 最終日は18:00まで
会場 gallery織鶴(ギャラリーおりづる)

写真と俳句のコラボレーションです。
四季の写真に俳句を合わせました。
今年の夏に回った東北の写真と俳句も展示します。
ギャラリーは新宿御苑のすぐ近く。
入場無料、お誘い合わせの上ぜひお出かけ下さい。

gallery織鶴
東京都新宿区新宿1-15-5 カテリーナ新宿御苑駅前102
tel/fax 03-3622-5426
HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery-oriduru/index.htm
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」1出口 徒歩2分
都営新宿線「新宿三丁目」C5・C7出口 徒歩5分

詳細は倉田有希HPへ http://yuhki575.com/
Studio Swallowtail撮影会
投稿者: fuujin 投稿日:2010/10/21(Thu) 22:26 No.2587
 
Studio Swallowtail撮影会
-----------------------------
開催日 :2010年10月24日(日)
撮影場所:神田〜秋葉原周辺
集合時間:11:00(開始:11:30)
撮影時間:4時間(休憩含む)
参加費 :7,000円
定員  :5名
モデル :藤崎ゆえ
衣装  :私服
------------------------------
申し込みはStudio SwallowtailのHPまで
http://scarecrow.tv/swallowtail/index.shtml
宇宙展
投稿者: artmarble 投稿日:2010/10/21(Thu) 21:27 No.2586
 
【タイトル】 宇宙展

【会期】 10月27日(水)〜11月1日(月)
     12:00〜19:00
     (最終日は17:00ま で)

【会場】 下北沢Gallery&Space Art Marble 
     〒155−0032
     東京都世田谷区代沢5-33-3ボート代沢C−201
     TEL/03-5355-1034 FAX/03-5355-1076
     http://www.at-mar.com
     atmb6@at-mar.com

【作家名】 畠田奏子・沼能茉紀・廣瀬陽・萩原由佳

【コメント】 
      女子美にて出会った4人
      昨年より「なんかしようよ」と言い続けやっとこ      さ実現です。
      下北に大宇宙出現です。
ボクシング漫画「WOLF(北の狼)」更新
投稿者: shigetyan 投稿日:2010/10/20(Wed) 18:21 No.2583
 
10月17日ボクシング漫画「WOLF(北の狼)」番外編「帰ってきた狼」22〜24ページ更新しました。
http://www7a.biglobe.ne.jp/%7Eshigetyan/
ARTS FIELD TOKYO【講義】「錬成中学校から3331ができるまで」
投稿者: 3331アーツ千代田 投稿日:2010/10/20(Wed) 14:46 No.2582
 
ARTS FIELD TOKYO【講義】「錬成中学校から3331ができるまで」/講師:佐藤慎也

2010年10月22日(金)19:15-20:45(受講料:3,000円)

練成中学校が3331 Arts Chiyodaにリノベーションされるまでのプロセスを、運営団体選定時から改修設計に参加している立場から解説。アーティストたちの要求を受け、どのようにアートのための場所がつくられていったのかを考える。

____________________________________

〈講師プロフィール〉
佐藤慎也:日本大学理工学部建築学科助教、博士(工学)。建築作品に「P-DOGS SHOP」「湯島もみじ」が あり、3331 Arts Chiyoda改修設計も手がける。また、美術作品に「+1人/日」(取手アートプロ ジェクト)「蔵メール」(ヒミング)、展示デザインに「MindFrames」(ZKM、キュレーター:W.ヴァ スルカ)、演劇作品に『戯曲をもって町へ出よう。』『個室都市 東京』などがある。

〈メッセージ〉
アーティストにとっても、自分の作品が展示される場所を考えることは重要なはず。建築がどのようにつくられていくかを考えることは、その参考になると思います。

____________________________________
〈お申し込み方法〉
http://artsfield.jp/lecture/000067.html
上記URLのお申し込みフォームからお申し込みを頂くか、
こちらのアドレスinfo@artsfield.jpへ必要事項を記入して送信ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お申込み講義:「錬成中学校から3331ができるまで」
お名前(漢字):
お名前(かな):
メールアドレス:
お電話番号:
会員番号:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
劇団CANプロVol.17
投稿者: 劇団CANプロ 投稿日:2010/10/20(Wed) 14:06 No.2581
 
劇団CANプロVol.17
「マクベスの妻と呼ばれた女」

女中達は見た!
王位をめぐる連続殺人事件!!
名探偵7人の女中が暴いた
歪んだ愛情とは?

作: 篠原久美子 
演出:佐藤雄一

2010年11月
11日(木)        19:00
12日(金)  14:00   19:00
13日(土)  14:00  19:00
14日(日) 13:00   17:00

開場は開演の30分前です。
※誠に勝手ながら、小学生未満のお子様はご入場をご遠慮頂いております。

場所:TACCS 1179
西武新宿線 下落合駅 下車 徒歩2分

前売¥3500 当日¥3800

装置:宮崎義人 
照明:中田隆則
音響:山田健之 
衣裳:福原ひとみ
宣伝美術:Rumico
舞台監督:青柿ひろし 
制作:劇団CANプロ 
協力:
劇団俳協
劇団花火座

出演:
マクベス夫人    ・・・杉山久美子
デズデモーナ    ・・・岡島直子
  オフィーリア    ・・・岩元絵美
   ヘカティ      ・・・元山留美子
   ケイト       ・・・香月絢交
   クイックリー    ・・・堀田志穂


ポーシャ      ・・・生内香織
ロザライン     ・・・奥村そら
シーリア      ・・・吉村れい
ラヴィニア     ・・・田中活子 
ジュリエット   ・・・滝沢美音
マクベス      ・・・柴田健一
マルカム王子    ・・・諏訪部龍太
バンクォー     ・・・伊東祥平
マクダフ      ・・・細尾康夫
医師        ・・・柴田健一
兵士        ・・・小野原大輔


チケット・問合せは、
CANプロ03-5577-5200
電子チケットぴあ pia.jp/t 0570-02-9999 Pコード 406-706
URL: http://canpro.jp

またはホームページ内申し込み専用フォーム からも予約できます。
http://canpro.jp/yoyaku.html
TCP(T★O`s Creator Project)
投稿者: T★O 投稿日:2010/10/20(Wed) 12:42 No.2580
 
TCP(T★O`s Creator Project)
2010年3月からスタートした」イラストレーターT★O企画
今密かにムーブメントを起こしつつある関西のクリエーターデザインTシャツ
・・・それが「関クリT」
「関クリT」との出会いはまるでお気に入りのインディーズバンドを見つける
ような感覚。
これから世界に出て行くクリエーターをぜひあなたも今から注目&GETして
ください。

TCP
http://hoimi.jp/brand/0135
Studio Swallowtail撮影会
投稿者: fuujin 投稿日:2010/10/20(Wed) 00:21 No.2579
 
Studio Swallowtail撮影会
-----------------------------
開催日 :2010年10月23日(土)
撮影場所:江ノ島周辺
集合時間:11:00(開始:11:30)
撮影時間:4時間(休憩含む)
参加費 :7,000円
定員  :5名
モデル :南ひろよ
衣装  :私服
------------------------------
申し込みはStudio SwallowtailのHPまで
http://scarecrow.tv/swallowtail/index.shtml
タプタプ展
投稿者: artmarble 投稿日:2010/10/17(Sun) 10:17 No.2576
 
【タイトル】タプタプ展

【アーティスト】TAPu

【会期】10月20日(水)〜10月25日(月)

【会場】下北沢Gallery&Space Art Marble
〒155−0032
東京都世田谷区代沢5-33-3ボート代沢C−201
TEL/03-5355-1034 FAX/03-5355-1076
http://www.at-mar.com
atmb6@at-mar.com



ベビーシューズ作家「TAPu」が1周年のAnniversaryとして、「タプタプ展」を開催いたします。


個展開催期間中はベビーシューズの展示・販売はもちろんのこと、カラフルなBagや小物も展示・販売します。さらには、土・日の2日間限定でカラフルなベビーモカシンを作るワークショップも開催!

たくさんの方々にお会い出来ることを楽しみにしておりますので、是非お越しくださいませ。
祇粋展 KISSUI
投稿者: artbanchi 投稿日:2010/10/17(Sun) 01:31 No.2575
 
【画像付き展覧会情報はこちら】
http://www.artsurf.jp/modules/artnews/1914


【会期】
2010年10月17日(日)11:00〜17:00、18日(月)10:30〜17:00


【会場】
石川画廊
http://www.gallery-ishikawa.com/
〒104-0061
東京都中央区銀座7丁目108番地先
TEL:03-3571-6571


【アクセス】
http://www.artsurf.jp/modules/weblinks/singlelink.php?lid=2209
丸の内線・日比谷線・銀座線
C1番出口すぐ左
銀座ファイブ内突き当り


【コメント】
贅と粋と遊びをそなえた祇粋(きっすい)のきもの。
染め専門業ならではのこだわり小紋や、
古典柄のキュートな染め帯を多数そろえます。
どうぞ遊びにいらしてください。



【代理投稿者】
※投稿内容についてのお問合わせはアート番地美術印刷へ
猿田るみ個展
投稿者: COEXIST & OuchiGallery NY 投稿日:2010/10/16(Sat) 14:31 No.2574
 
猿田るみ 個展
「Rumi Saruta Exhibition 2010 忘却の海(壱拾) THE SEA OF OBLIVION[?]〜月の音に魅せられて〜Enchanted by the Sound of the LUNA」
2010年10月19日 - 10月31日
11:00 - 19:00(最終日は17:00迄)

ルナへ捧ぐ。

人には、自然という言語がある。
どの民族、どの国、どんな境界を超えても。
超自然、カオス、宇宙さえ言葉の内に内包されている。
ぼくは、この歳になり、その意味がなんとなく解ろうとしている。
当然、人の生きる時間は限られる。
だから、ぼくは、死ぬまで生きるのだ。
・・・恋をし、悩み、自然への無意識の回帰。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぼくの実体の無い不安など、
・・・自然の営みの中では些細な織物の一部でしかない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぼくの小さな幸とぼくのわずかな時を。
・・・・・・・たった数キロメートルの大気の中で死ぬまで生きるのだと。
だから、ぼくは、月の音には魅せらるのだ。
海が、月の音に命を紡ぎ踊り光り輝くように。
人が、光と闇の間で観るっていう行為も不思議だ。
人は、知っているもの以外をけっして観てはいない。
五感の中でも1番、理性に寄り添っていながら・・・・・・。
人は、生まれた時には、意味など持ち合わせて無いのに。
人は、個々の無数の意味を自ら創っていくものだと思のだと。
空と地の、一瞬の時の狭間の中ぼくはぼくの意味を創っていく。
元木孝美個展"Beyond the other side"
投稿者: gallery COEXIST 投稿日:2010/10/16(Sat) 14:01 No.2573
 
COEXIST Art Competition グランプリ受賞作家
元木孝美個展"Beyond the other side"
2010 / 10.12 tue - 10.31 sun
Opening Reception / 10.16 sat 17:00-19:00

今年のコエグジスト・アート・コンペティションで勝ち残りました、元木孝美さんによる展示です。
作品単体ではなく、 空間ごと作品にしてしまう元木さん独特のスタイルを、都内最大規模のギャラリ-空間で表現します。

展示の見どころ
独特のミニマルな世界観
作品は日常的に何気なく見かけるものを、単純化し無機質な鉄に置き換えることで、普段の生活の中に潜むミニマルな風
景を表現しています。そうすることで、普段の生活に見えない新たな視点を提案しています。
空間全体が作品
作家は作品ごとに一つ一つで完結している訳ではなく、複数の作品を通して空間全体が一つの作品としても成立するよう
な構成をしています。ミニマルな空間に浸ってみてはいかがでしょうか?
鉄製なのに温かく柔らかい
無機質であり機械的でありながらも、選ぶモチーフや鋭そうで実は人の手で作られた直線は、どこか柔らかく、やさしく、
温かい印象を鑑賞者に与えます。
新作の展示
毎回作家はその空間に合わせて展示を展開しています。今回コエグジストでは空間を敢えて分断し、真っ白な空間に距離
感をつけ、立体的に表現します。上述の通り空間全体を作品として見、その空間を彩る作品は毎回新作を展示しています。
作家よりコメント
物があることで空間は具体化され、距離や奥行きが生じる。
彫刻は空間を具体化し、必然的な秩序を与える。
彫刻はいつも空間に対して誠実であろうとする。
【お問い合わせ】
〒110-0016
東京都台東区台東1-23-12

TEL 03-3835-4610
FAX 03-6803-2045
11:00 - 19:00 / 月曜日休廊
日比野克彦個展「ひとはなぜ絵を描くのか」
投稿者: 3331アーツ千代田 投稿日:2010/10/16(Sat) 11:02 No.2572
 
3331 Arts Chiyodaのコミッションワーク・アーティストとしても活動する日比野克彦。今年3月の3331プレオープン記念展では、これまで旅先で描いてきたスケッチを展示した「HからAへ移動した時に起こること。」展のほか、サッカーとアートの融合を目指して自身が考案したワークショップ「MATCH FLAG PROJECT in 3331」の開催を行ってきました。そして現在、3331のウッドデッキでは「明後日朝顔プロジェクト」で植えられた朝顔の今年の花が咲き終わり、種が実り始めています。
東京では約8年ぶりとなる本展覧会では、約30年にわたる創作活動を知ることができる旧作の数々の他、エジプトやブータン、ラオスへの旅で描いた最新作のスケッチまでを一挙公開致します。会期中には、巨大幕のペインティングや、ゆかりのゲストを招いてのトークイベントなども開催します。
「ひとはなぜ絵を描くのか」という問いを日比野自らが追究する注目の展覧会、ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。

会期:2010年10月30日(土)〜12月13日(月)
時間:12:00-19:00、金・土曜日のみ20:00まで(最終入場は終了の30分前まで)
休場日:火曜定休(ただし、祝日の11月23日はオープンとなり、翌24日は休場)
会場:1F メインギャラリー
入場料:一般500円、高校・大学生300円、中学生以下無料
障害のある方とその介助者1名に限り入場無料となります。入場の際に受付にて手帳をご提示ください。
主催:3331 Arts Chiyoda
協賛:Google
協力:一般財団法人 民際センター、株式会社ムラヤマ、セーレン株式会社、ターナー色彩株式会社、東洋インキ製造株式会社、レンゴー株式会社
後援:財団法人日本サッカー協会(HIBINO CUP)

■オープニングイベント「3331 クレーン・ペインティング」
2010.10.30(sat)11:00-16:00

3331 外壁面に取り付けられた10 × 10mの幕に、クレーン(高所作業車)に乗った日比野克彦が、半日をかけてペインティングを行う一大イベント!
ぜひ応援に駆けつけて下さい。
※雨天・強風の場合は、延期となります。最新情報はhttp://hibino.3331.jp/でお知らせします。

【関連イベント】
各種イベントへ参加をご希望の方は、メールまたはFAXにてお申込下さい。メールの場合、タイトルを「イベント予約」とし、本文に、イベント記号(B 〜 F)、お名前(ふりがな)、電話番号、メールアドレスを明記して、送信してください。
※参加費が必要なものは、当日受付にてお支払い下さい。
※トークイベントの参加費は、チケット半券をお持ちの方は500 円となります。
※通訳サービスはございませんのでご了承下さい。

(MAIL)hibino(at)3331.jp (FAX)03-6803-2442
※(at)を@にかえて送信して下さい。

【A】2010.10.30(sat)18:00-19:00|日比野克彦×中村政人(3331 統括ディレクター)対談

国民読書年2010 参加企画として3331 で開催中の「本棚と私たち」の関連イベントとして、ミニトークを開催。
参加費:無料(info@passages.jpより事前登録制・定員40名)
共催:「本棚と私たち」実行委員会

【B】2010.11.20(sat)14:00-16:00|中原佑介(美術批評家)×日比野克彦「ひとはなぜ絵を描くのか」

ひとはなぜ絵を描くのか、なぜ絵は生まれたのか、という問いに向き合い続ける日比野と、日本の美術界を長年にわたり牽引する批評家の、ヒトと絵をめぐる対話。洞窟画をキーワードに、様々な角度から探求します。
参加費:1000円(展覧会チケット込み、定員100名、申込み先着順)

【C】2010.11.27(sun)14:00-16:00|林原利明(水中考古学者)×日比野克彦「海底を探査せよ」

すぐ足下にある海底。簡単に見えないがゆえに「ない」ことにされてはいないだろうか?と日比野は問います。身近なのに遠い場所を見いだす視点を「21世紀の思考」と捉え、水中考古学者をゲストに招いてトークを展開します。
参加費:1000円(展覧会チケット込み、定員100名、申込み先着順)

【D】2010.11.28(sun)13:00-16:00|「明後日朝顔 収穫祭」

今年6月、3331のウッドデッキ上に設置された明後日朝顔は、建物3 階の高さまで蔓を伸ばし、実りの秋を迎えています。宇宙飛行士の山崎直子さんが宇宙に持って行った明後日朝顔の種も、他のものより成長は遅かったものの、無事に種を実らせています。この日は蔓のために張ったロープをはずし、手作業で蔓と種を選別・収穫します。リース作りにも使える蔓は、お持ち帰りも可能。来年の種まきへとつながる収穫祭へ、ぜひお集まり下さい。
※汚れてもよい動きやすい服装でご参加下さい。
参加費:無料(定員30名、申込み先着順)

【E】2010.12.04(sat)10:00-17:00|「ヒビノカップ2010 in 千代田」

5人一組のチームでダンボールを使って、ボールやサッカーゴールを作り、試合をするミニサッカーゲーム大会です。家で着なくなったTシャツを使いユニフォームを作るなど、誰もが身近にある素材を使って、スポーツを楽しんでみませんか?
今年3331 で行われた日比野のワークショップ「MATCH FLAG PROJECT」。南アフリカでのワールドカップ会場で実際に掲げられた手作りフラッグの報告会も合わせて行います。
参加費:1 グループ(小学生以上の男女、5〜7名)2,000 円
持ち物:着なくなったTシャツ、お弁当、水筒、着替え
共催:HIBINO CUP 実行委員会
申込方法:
代表者の(1)-(6)と参加者全員の(1)-(3)を明記のうえメールまたはFAXでお申込下さい。(1)参加者氏名(2)年齢(3)所属(グループ名、学校名等)(4)住所(5)電話番号(6)メールアドレス

【F】2010.12.10(fri)19:00-21:00|松本弥(古代エジプト研究者)×日比野克彦「原初の絵をめぐる旅」

2009年冬、約一万年前の人類が描いた岩画を求めサハラ砂漠をひたすら進む旅の中にいた日比野。道中を共にした松本氏を招いて旅を振り返り、人類の表現の根源にあるものに迫ります。
参加費:1000円(展覧会チケット込み、定員100名、申込み先着順)

【日比野展URL】http://hibino.3331.jp/

【3331URL】http://www.3331.jp

【お問い合わせ】
3331 Arts Chiyoda|アーツ千代田 3331
〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目 11-14 旧練成中学校内
TEL: 03-6803-2441 FAX:03-6803-2442
TOKYO-6 2010
投稿者: 下北沢GAoh! 投稿日:2010/10/14(Thu) 13:47 No.2570
 
★展示期間
2010年10月19日(火)〜 24日(日)
11:00 〜 19:00 (最終日18時まで)

23(土)と24(日)の二日間は、DJによるラウンジタイム(フルタイム)と、ドリンクメニューをご用意いたします。

★概要
デザインフェスタやweb上にて展開された零式Graphics による[東京六式 Toyko-6]。
架空の東京を舞台にしたキャラクターアート集である東京六式 (トーキョー・シックス)が、下北沢GAoh!に舞台をうつし、ついに個展として開催!
http://tokyo-6.com/

★開催場所
下北沢GAoh! B1ギャラリー
〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-35-7
TEL/FAX: 03-5787-6747
Mail:info@gaoh.jp
URL:http://gaoh.jp

展覧会詳細はこちら
http://gaoh.jp/gallery4.html?p=tokyo6
koha*の世界展vol.7〜新作布『菊花』と『秋七草』の発表会〜
投稿者: amgrrow 投稿日:2010/10/13(Wed) 10:23 No.2564
 
10月27日(水)から11月8日(月)まで、京都・三条烏丸西入る北側の「文椿ビルヂング」1階の【椿-tsubaki labo-KYOTO】(椿ラボ京都)にて「koha*の世界展vol.7〜新作布『菊花』と『秋七草』の発表会〜」を開催いたします。京都の乙女文化発信クリエイター・koha*さんがデザインし、京都で捺染される和にも洋にも馴染む「koha*オリジナルファブリック」の新柄発表会。日本の植物を西洋の様式美で表現した独創性、和服、アパレルの商品企画を経験した多様性、目を見張る多色使いの発色の美しさは今回も健在。日本だけでなく、海外の方々にもじわじわ広がる人気の”京都品質”。懐かしさと茶目っ気あふれるkoha*的世界を、ご一緒に・・・

早いもの勝ちNEWS!!!*****
大好評の、koha*ファブリックの中敷きが可愛い馬革のレザースニーカー。
たくさんのリクエストにお応えして22cm・26cm・27cmがお目見えします☆

「koha*の世界展vol.7〜新作布『菊花』と『秋七草』の発表会〜」
会期:10月27日(水)から11月8日(月)火曜定休
時間:11:00 〜 20:00
場所:【椿-tsubaki labo-KYOTO】(椿ラボ京都)
住所:京都市中京区三条烏丸通西入ル北側御倉町79 文椿ビルヂング1階
TEL:075-231-5858

◆アクセス◆
市営地下鉄「烏丸御池駅」下車5番6番出口より、徒歩3分
京都バス・市バス「烏丸御池」下車、徒歩7分
阪急電車「烏丸駅」下車、徒歩10分

koha*
http://www.koha-star.com/

椿-tsubaki labo KYOTO
http://www.tsubaki-labo.com/

文椿ビルヂング
http://www.fumitsubaki.com/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 |
41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 |
61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 |

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -

NO: PASS:


- KENT -

PR
ネット小説投稿サイト novelist.jp(ノベリスト.JP)
サイト内検索
クリエイター掲示板
Copyright (C) 1999-2014 SHINKA.Net All rights reserved. Powered by ShinkaNet Inc.