Login

ユーザ名:

パスワード:


新規登録 / パスワード紛失

Contents

オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが クリエイター掲示板 を参照しています。)

 登録ユーザ: 0
 ゲスト: 22

もっと...

 


 クリエイター関連の宣伝、募集などの告知用掲示板です、どうぞ自由にご活用頂ければ幸いです!
  あなたのHPをご紹介ください!   クリエイター関連の宣伝告知!   クリエイター関連の募集告知!   作品募集関連の公募告知!  
| ホームページPR BBS | 情報宣伝告知 BBS | クリエイター募集BBS | 公募・作品募集BBS |
  制作依頼募集の自己PRに!   クリエイティブ関連の求人募集に!  
| お仕事"やります"BBS | お仕事"あります"BBS |

・ 当サイトの主旨に反するご投稿や、下記のルールが守られていないご投稿は予告なく削除します。
・ また、各BBSへの同一内容の連続投稿や、上位表示のための連日の投稿はご遠慮ください。
・ 投稿後のURLの書き忘れや補足は、新規投稿とせず、投稿内容の編集か返信で補足などでご修正ください。

ご投稿には 【 ログイン(メール登録のみ) 】 が必要です。

情報告知BBS
ART BAG(アートバッグ展)
投稿者: ジャイアントマンゴー 投稿日:2010/12/31(Fri) 17:34 No.2677
 
ジャイアントマンゴー2011年新企画『ART BAG(アートバッグ展)』。
文化の創造・発祥基地「横浜赤レンガ倉庫」を舞台に、ジャンルを越えて集めたアーティストの限定オリジナルデザインアートバッグ100種類以上を展示販売します。 来場者には抽選でバッグをプレゼント!ぜひこの機会をお見逃しなく!


[会期]
2011年1月19日(水)−1月25日(火)
11:00−19:00(入場は閉場30分前まで、最終日は17:00閉場)
※入場無料

[会場]
横浜赤レンガ倉庫1号館 2FスペースC及び1Fエントランスフロア
http://www.yokohama-akarenga.jp/

[主催]
ジャイアントマンゴー

[出展アーティスト](31組)
IP / Aunyarat Watanabe / 伊東昌美 / 歌森可鹿 / URAN_445 /
大森みき子 / 小野正統 / 加藤豪 / Kana Shimao / キタオカサチ /
きみこ / くろきみほ / 小林ラン / SYM / すぎやままり / SORAJun /
田口ヒロミ / たしかゆい / chips / つゆこ / 七緒 / NABEKAORU /
ハニイ・B / BlockingWood / magenta / 真嶋絵理 / mizuka / miyu /
安田ナオミ / 山梨真麻 / LUCA
ご自宅を自主制作映画の撮影に利用させて頂ける方
投稿者: 杉崎智久 投稿日:2010/12/30(Thu) 02:43 No.2674
 
インディペンデント映画制作集団
Film Works Mr.30の杉崎と申します。

HP
http://mr30.ojaru.jp/

書き込み失礼致します。

この度は2011年に製作予定の
自主短編映画二本の撮影にご自宅を
使用させていただける方を
幅広く募集させて頂きます。

低予算の作品ではありますが
少しの謝礼をお支払いさせて頂きますので
少しでも興味を持たれた方はお手数ですが

こちら
mr.30@live.jp
にメッセージを頂ければと思います。
詳細をご説明させていただきます。

作品1 「バース☆デー(仮)」
マンション、アパート、一軒家等。
撮影2〜3日。
理想はクローゼット、ソファがある広めなお部屋です。

作品2 「帰郷(仮)」
男性一人暮らし風なアパートの一室。
和室、縁側のある一軒家。
撮影1日ずつ。

以上、どうぞ宜しくお願い致します。
投稿サークル参加者募集中
投稿者: つねさん 投稿日:2010/12/29(Wed) 18:18 No.2673
 
こんにちは。スペースお借りします。

イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず掲載しています。
月刊で200ページくらい。全国に約230人の会員さんがいます。
創刊は1993年8月の投稿雑誌(文芸サークル)です。

投稿に参加すると直筆のカード式のファンレターが3〜30枚以上届きます。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は楽しさや幸せをより感じられます。
会員さんは真面目でやさしくて、良い方ばかりなので安心して参加出来ます。
全国各地にお友達がたくさん出来てとても楽しいです。

投稿される作品は新作でなくても構いません。
あなたがホームページで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
読むだけでもとても楽しく、幸せな気持ちになります。

興味を持たれた方には最新号を無料でプレゼントしています。
ホームページから最新号をご請求下さい。
お気軽にご訪問下さい。お待ちしています。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/
カウントダウンライブ出演者募集のお知らせ
投稿者: 茶論「無花果」(さろん いちぢく) 投稿日:2010/12/27(Mon) 17:34 No.2670
 
大阪市北区南森町の無花果の「年末大なげせんライブ(カウンダウン)」に
出演していただける方を大募集しております!
日本一長い商店がに屋台がすら〜りと並び、徒歩3分の大阪天満宮で初詣も!
ライブと屋台と初詣で一緒に新年を盛り上げませんか?!
うた、ろうどく、お芝居、手品、紙芝居、ダンスなどジャンルは問いません。
沢山の方のご参加をお待ち申し上げております♪

12月31日(金)18時〜
場所/茶論「無花果」(さろん いちぢく)
   大阪市北区天神橋1丁目12−3瑞穂ビル1F
   地下鉄「南森町駅」またはJR「大阪天満宮駅」下車
   天神橋2丁目商店街入り口(入り口に”すき屋”があります)
   から徒歩3分 大阪天満宮&天満天神繁昌亭方向へ歩いて下さい
   06−6355−7626(当日以外つながりません)
   ichi_siku@yahoo.co.jp(お問い合わせはこちらまで)

詳しくはHPをご覧ください!!
http://music.geocities.jp/mukajyu7/pg12.html
Studio Swallowtail撮影会
投稿者: fuujin 投稿日:2010/12/20(Mon) 02:52 No.2667
 
Studio Swallowtail撮影会
-----------------------------
開催日 :2010年12月23日(木)
撮影場所:神田駅〜秋葉原駅
集合時間:11:00(開始:11:30)
撮影時間:4時間(休憩含む)
参加費 :7,000円
定員  :5名
モデル :西川雅美
衣装  :私服
------------------------------
申し込みはStudio SwallowtailのHPまで
http://scarecrow.tv/swallowtail/index.shtml
ネット予約割引はじめました。−レンタルスタジオ
投稿者: STUDIO GRIT 投稿日:2010/12/17(Fri) 18:31 No.2666
 
(東京都内)写真・ムービー撮影用レンタルスタジオ【STUDIO GRIT】です。

メールで問い合わせ・予約をすると、スタジオ料金が約10%お得になる『ネット予約割引』サービス開催中です。

詳しくはWEBへ → http://www.grit-jp.net/
ウサギのライバル、カメの作品展
投稿者: あずま きょう 投稿日:2010/12/17(Fri) 01:44 No.2664
 
【平成23年干支展 番外編 〜ウサギのライバル、カメの作品展〜 手から生まれた亀たち】
期間:2010年12月14日(火)〜2011年1月16日(日)
会場:名古屋港水族館 南館1階アトリウム(タッチタンク前)
参加予定作家(敬称略、アルファベット、50音順):
Akoproduction
Count blue
make animals YOSHiNOBU
UHKA
アクアプラント
あずまきょう
小田隆
海洋堂(荒木一成、古田悟郎、松村しのぶ)
カメロク屋
ケンタロー
こざいく堂
さかうえだいすけ
判治靖郎
みのじ
湯川滋(元東山動物園メダカ館館長/ストーンペインティング)
依吉裕之
企画: http://www.nagoyaaqua.jp/
【iPadアプリ】細川家の名宝 創刊ゼロ号【パイロット版】
投稿者: 細川家の名宝iPadアプリ広報事務局 投稿日:2010/12/16(Thu) 11:27 No.2662
 
細川護煕氏が理事を務める永青文庫と、(株)CROSS BORDERSはiPad向けアプリ「細川家の名宝 The Hosokawa Family Eisei Bunko Collection」を、アップル社が運営するAppStore にて12月4日より販売を開始しました。


細川家の名宝 The Hosokawa Family Eisei Bunko Collection」は、永青文庫が所蔵する陶器、古書画など約6,000 点の美術工芸品(うち国宝8 点、重要文化財31点)のなかから、歴史的・美術的価値の高い品をデジタル映像や解説を交えて紹介する定期刊行型アプリです。

20mもある絵巻物をエンドレスでスクロールしたり、触れることのできなかった貴重な陶芸品を回転させて360 度観察したりと
展示室では体験できなかった、iPad アプリならではの美術鑑賞が可能です。

そのほか絵画や書画を拡大し筆致を楽しんだり、「こんなところに家紋が!」といった発見をtwitter に投稿・共有することができます。
また【白隠 達磨図】江戸時代(17 世紀)をスクリーン上で横に置き、筆の太さや色彩を選びながら指で模写できるなど、より深く作品の魅力に触れていただけるようになっています。

◆◆「細川家の名宝 The Hosokawa Family Eisei Bunko Collection」概要
■App 名称 :細川家の名宝 創刊ゼロ号 パイロット版
■カテゴリ :ブック
■発売日 :2010 年12 月4 日
■言語 :日本語(今後、英語/フランス語版の開発を予定)
■制作・開発 :株式会社CROSS BORDERS
■価格(税込) :1,200 円
■Web サイト :http://japanart.info/
■App store URL:http://itunes.apple.com/jp/app/id405913327?mt=8
■動画紹介URL:http://www.youtube.com/user/hosokawakenomeihou


創刊ゼロ号では12 点(うち国宝2 点、重要文化財1 点、重要美術品2 点)を収録。
すべてのコンテンツは本アプリケーションの為に最新技術を駆使して新たに撮影した画像や動画で構成されています。

総合監修は、永青文庫理事長であり、第79 代内閣総理大臣、第18 代細川家当主の細川護熙によるもので、本アプリでは、動画によるメッセージもご覧いただけます。
また、それぞれの作品解説では、監修者の細川護熙による「裏話」も掲載しています。

アプリは3カ月に一回刊行、英語/フランス語版の刊行やiPhone版も今後開発予定。
元『大阪人』編集記者が語る 心に響く「大阪論」の書き方 開催
投稿者: 吉永安智 投稿日:2010/12/16(Thu) 11:17 No.2661
 
プロのライターを紹介したウェブサイト「関西ライター名鑑」を運営する合同会社WRITE STAFF(ライトスタッフ/大阪市北区 代表:北村盛康)は、関西で活動するプロのライターの技術向上を目的に定期的に行なっている「関西ライター勉強会」の次開催を、2011年1月28日(金)に大阪産業創造館で開催します。今回のテーマは、「元『大阪人』編集記者が語る 心に響く「大阪論」の書き方」です。

 たこやき、お笑い、タイガース。定番三大噺でまとめる大阪は無難ですが、飽きた感は否めません。地元大阪で活動するライターにとって、大阪論ほど厄介なテーマはないのではないでしょうか。そこで今回は、大阪市の広報誌でありながら、深みのある誌面構成で支持を集める地域情報誌『大阪人』の元編集記者の岡村雅之氏に、壮大な都市論の投入から、記事作成の細かい決め事まで、『大阪人』編集部が試行錯誤を重ねてつかんだ大阪の書き方描き方を、惜しげもなく語っていただきます。


題  目:元『大阪人』編集記者が語る 心に響く「大阪論」の書き方
日  時:2011年1月28日(金)18:45〜21:00
場  所:大阪産業創造館 6F 会議室C [大阪市中央区本町1-4-5]
参加資格:現役のライター・編集者(一部特別枠あり)
受講者数:20席(内5席は特別一般枠※ライティング・編集未経験者席)
主  催:関西ライター名鑑
講  師:岡村雅之(おかむら まさゆき)氏
費  用:勉強会開催費用を受講者全員で分担します(300〜500円)

(岡村雅之氏 プロフィール)
1953年富山県生まれ、明治大学政経学部卒業。夕刊紙『新大阪』編集局長を経て、95年、『新大阪』休刊に伴い、フリーライターとして独立。2002年から、業務委託契約のもと、大阪市が発行する月刊広報誌『大阪人』の編集業務に従事。メーンライターとして、毎号35ページ前後の取材・原稿作成に打ち込んだ。8年間で約100号の編集と、通算3000ページの記事作成を手掛けた後、契約解除に伴い、10年10月末で『大阪人』の編集現場から撤収。目の前の仕事に追われるうちに、気が付けば、取材活動は30年余。無定形な取材体験を収斂し、活路を開くための再生作業を展開中。

■過去の勉強会レポート■
http://www.writer.gr.jp/

■当勉強会「元『大阪人』編集記者が語る 心に響く「大阪論」の書き方 」は文化庁より「関西元気文化圏プロジェクト」、伊丹市より「ことば文化都市伊丹」参加事業に認証されています。


■会社概要■
名 称:合同会社WRITE STAFF
代表者:北村盛康(きたむら もりやす)
所在地:〒530-0055 大阪市北区野崎町1-25 新大和ビル2F
TEL:06-6364-5657  
FAX:06-6364-5586
運営サイト:
「フリーライター総合 大阪発:関西ライター名鑑」 http://www.writer.gr.jp/
「宣伝名人 | プレスリリース配信」 http://www.writer.co.jp/


■問い合わせ先:06-6364-5657(合同会社 WRITER STAFF)
下記のメールアドレスより申し込み下さい。
mail:info@writer.gr.jp
※名前、連絡先、職業(ライターでない方は、会社名を明記し「一般枠希望」と書き添えください) 
※記載がない場合は受付られませんので了承ください。

なお、当日の参加は受け付けていませんのでご了承下さい。
クリスマスは、代表演奏家と♪作曲家生誕も祝いましょう。
投稿者: 楽しい街づくり応援団 投稿日:2010/12/13(Mon) 12:22 No.2660
 
イベントやマスタークラス等の御依頼検討にもチャンス-22日夕方以降か、23日含めその周辺で可能性がある。
CD販売サイン会も有。アレクシス・ワイセンベルクをたたえたリサイタル出演者、音楽監督、音楽祭創設者、ヨーロッパから国代表ピアニスト来日 クリスマス♪(ショパン シューマン他予定)
〜天皇誕生日、偉大な作曲家生誕年祝う〜肉声が聞こ易いよう設計されたリリオホールにて。
2010年12月23日(祝)19:30開演。葛飾区亀有 JR亀有駅南口前イトーヨーカドー9F
。近場のお役に立てますよう、又関係者の皆様が、楽しく息抜きとしても来られます様、西洋を中心に活躍のビッグ来日イベントをご案内致します。イ-プラス下記サイトから、又はかめありチケットセンター(tel:03-5680-3333)
。 
詳細他http://eplus.jp/sys/T1U90P006001P0050001P002049504P0030001P0007P0010137P0491/
(ご家族ご友人にも教えてあげてください)
色々な方達が喜んでいます。

なお、イベントの雑用出来る方でやりたい人は、条件等もあれば記載し、御申出下さい。今回外れても、イベントの際には頼まれるかもしれません。

★募金一曲105円-着メロなどにご利用出来ます。御親族ご友人他も是非慈善協力下さい。
ピアノ入り、クラシック調、ロック系、ジャズ。。はこちら。http://www.ongen.net/search_detail_artist/artist_id/at0000107442/

ますますのご清祥 お祈り申し上げます。
MERRY CHRISTMAS
bummei HARADA 原田文明展
投稿者: 原田文明 投稿日:2010/12/11(Sat) 19:49 No.2659
 
2010年11月3日wed―12月12日sun 9:00― 17:30

岩国市周東パストラルホール(0827-84-1400)




いよいよ明日が最終日となりました!!!


本展はこれまで取り組んできた「具体絵画」の一断面を示すものとして、90年代のはじめ頃から全国各地の美術コンクール等々に出品した作品とドローイングとインスタレーションによる新作を中心に構成しています。

私は美術文化協会に所属しシュールリアリズム(超現実主義)の絵画から出発した後、1977−81年にかけて「荒れた大地」、「青の色面」、「白の壁面」、あるいは「ステンレスの金属板」などで構成する断片提示(モンタージュ)シリーズを発表しています。この時、すでに通常の絵画制作とは異なる独自の思考に基づく営為を意図していたのかも知れません。つまり、私はこれらの絵画を描きながら平面上のインスタレーションともいうべき世界を模索しうろついていたようにも思うのです。

それ以後、制作における私の関心事は「行為」と「物質」と「場所性」へと向かい、空間造形(インスタレーション)の発表と併行して絵画表現の可能性を模索してきました。それは抽象や具象というこれまでの概念とは異なる新しい絵画の方向性を求めるものでした。つまり、絵画を成立させる重要な要素として物質性を重視することで、より直接的な表現とイリュージョンの可能性を探求する作業だったとも言えます。

そういう表現への欲求から、1989年に岩国市徴古館で発表した「木調への眼差し」という一連の作品を制作しました。その後、絵画における物質性への追求は、木を削り、記号や描かれたドローイングの線、貼り付けられた金属、モルタルなどが錯綜するミクストメディアの作品へと発展してきました。この一連の作品を私は「具体絵画」と名づけています。このように「具体絵画」はイリュージョンを否定するものではありませんが、描かれたものとは異なる具体的な物質性を絵画の極めて重要な構成要素とする独特な考え方に基づいているのです。

新作ドローイングインスタレーションは、これらの絵画制作の過程で必然とも偶然ともいえる結果として発見されました。この度、この新作とともにこれまでの具体絵画の一断面を示す作品を同時に発表する機会をいただきたいへん有難く思っています。ご来場ご高覧いただければ幸いです。



詳しくは、周東パストラルホールまたは原田文明公式サイトブログサイトをご覧ください。
後藤 愛 手織小品展
投稿者: artbanchi 投稿日:2010/12/10(Fri) 13:11 No.2657
 
【画像付き展覧会情報はこちら】
http://www.artsurf.jp/modules/artnews/2144


【会期】
2010月12月11日(土)〜19日(日)
12:00〜19:00 最終日は18:00まで 月曜休廊


【会場】
れんがギャラリー/カフェ旧鎌田志ちや
http://www.tonden-street.com/
〒064-0810
札幌市中央区南10条西9丁目1-30
TEL 011-594-8681


【アクセス】
http://www.artsurf.jp/modules/weblinks/singlelink.php?lid=2264
駐車場 3台あり



【代理投稿者】
※投稿内容についてのお問合わせはアート番地美術印刷へ
Preserved flower work exhibition 2010 "Flower tale Christmas"
投稿者: artmarble 投稿日:2010/12/07(Tue) 10:05 No.2654
 
【タイトル】

Preserved flower work exhibition 2010
"Flower tale Christmas"

【開催期間】

2010.12.17(Fri.)-12.19(Sun.) 11:00-20:00(最終日は16:00まで)

【開催場所】

下北沢Gallery&Space Art Marble
東京都世田谷区代沢5-33-3ボート代沢C−201


【内容】
atelier FAIRBIANCAによるクリスマスを迎えるためのアドベントパーティー開催♪
今年はフラワーアイテムを取り入れたクリスマスを過ごしてみませんか?
ギャラリーでは、クリスマス気分を盛り上げるアレンジメントの展示や、
ご自宅でのクリスマスにひと華添えていただけるようなミニアイテムの販売、
手作りプレゼントにも最適なアレンジ制作を体験できる1Dayレッスンを行います。
皆さまがそれぞれに楽しいクリスマスを迎えられるよう、心をこめておもてなしいたします。

■ クリスマスイベントレッスンのご案内 ■

今年のクリスマス作品展では、スペシャルイベントレッスンを行います♪
プレゼントにも最適なミニアレンジを手作りしてみませんか?
初心者の方にも楽しく制作できるよう、ゆっくり丁寧に指導いたします。是非ご参加くださいませ♪

■□■ ホワイトバーチバッグ ■□■
白樺の木をくりぬいて作った可愛いバック型アレンジです。
お花とクリスマスアイテムで、華やかな彩りを♪

● 2010/12/17(Fri.)、12/18(Sat.)
?12:00-13:30 ?14:30-16:00 ?17:00-18:30
● 2010/12/19(Sun.)
?12:00-13:30
※12/18・19のレッスンは全て満席となりました。現在17日のみ募集しております。

● 受講料:2,000円(当日現金にてお支払いください)
● ハサミやお持ち帰り袋等は、すべてご用意いたします。
● お申し込み方法
  お名前・ご希望日時・ご参加人数をお書き添えの上、下記アドレスまでメールをご送信ください。
  E-mail : bianca-momo@live.jp

【主催】
atelier FAIRBIANCA 主宰 とみたしおり
official website : http://fairbianca.com/
Studio Swallowtail撮影会
投稿者: fuujin 投稿日:2010/12/02(Thu) 00:24 No.2649
 
Studio Swallowtail撮影会
-----------------------------
開催日 :2010年12月04日(土)
撮影場所:アドフォーカススタジオ
集合時間:13:30(開始:14:00)
撮影時間:3時間(小休憩含む)
参加費 :12,000円
定員  :5名
モデル :南ひろよ
衣装  :サンタクロース、その他コスプレ
------------------------------
申し込みはStudio SwallowtailのHPまで
http://scarecrow.tv/swallowtail/index.shtml
友田京介作品展 「異書」first
投稿者: artbanchi 投稿日:2010/11/27(Sat) 20:58 No.2643
 
【画像付き展覧会情報はこちら】
http://www.artsurf.jp/modules/artnews/2086

【会期】
2010年11月30日(火)〜12月5日(日)11:00〜18:00(5日は17:00まで)

【会場】
ぎおんギャラリー八坂
http://www.eonet.ne.jp/~g-gallery-yasaka/
京都府 京都市東山区祇園町南側528番5
TEL075-525-1717

【アクセス】
http://www.artsurf.jp/modules/weblinks/singlelink.php?lid=2052

・八坂神社 西楼門 祇園石段下より南へ徒歩 約30秒
・市バス「祇園駅」より徒歩 約30秒
・京阪電車「祇園四条駅」6番出口より徒歩 約6分
・阪急電車「河原町駅」1番出口より徒歩 約10分


【コメント】

5年前、55歳から個展を中心とした作家活動を開始。
書道教室で指導することが長年の生活。

正規の美術教育はないところで、
自分であることの自己表現にこだわりました。

今回5回目の個展です。

「異」という古代文字に、いろんなイメージを
込めました。

自分自身が「異」であるからです。


※投稿内容についてのお問合わせはアート番地美術印刷へ
http://www.art-dm.net/
弧高の画家・山本弘 遺作展・メトロギャラリー特別記念展
投稿者: メトロギャラリー飯田 投稿日:2010/11/27(Sat) 00:05 No.2642
 
メトロギャラリーでは特別記念展として、自らの魂を引き換えに情熱をキャンバスに叩きつけた弧高の画家・山本弘 遺作展を開催します。東京・銀座での遺作展以来でしょうか。
ゴッホやモジリア―ニ同様に古今東西、時間を超越して存在する画というものがある。山本弘の絵画もそのひとつだ。生と死の狭間の中で、心の葛藤に苦しみながらも絵画に全てを捧げ、死を選ぶしかなかった孤独な天才。
自ら放つ閃光が眩しすぎて、暗闇の中で瞼を塞いでいた幻の秘蔵絵画作品・裸婦デッサン・水彩・油絵等15点余りを公開しています。

日時・期間:2010年12/01(水)〜2011年02/15(火)
       OPEN PM1:00〜AM1:00
主   催:メトロギャラリー飯田(カラオケシティメトロポリス内)
場   所:長野県飯田市知久町2−1   
      tel 0265-52-3719
ア ク セ ス:JR飯田駅より徒歩10分
飯田バスセンターより徒歩5分
入場無料

ウィキペディア (Wikipedia) より
1930年6月15日、長野県下伊那郡神稲村(現豊丘村)に生まれる。まもなく父親について長野県飯田市へ転居する。1945年予科練に入ると言って上京するが入隊しなかった模様で、帰郷してまもなく終戦を迎える。戦後ヒロポン中毒に苦しみ、何度も自殺未遂を繰り返す。
帝国美術学校(現武蔵野美術大学)に入学するが中退。中央線沿線に住み、池田龍雄らと付き合う。菊華女子高校で開かれた第1回杉並文化展に出品する。20歳代早いころ飯田市へ帰る。日本アンデパンダン展等に出品する。相変わらず何度も自殺未遂を繰り返す。34歳で結婚、以後アルコール中毒に苦しみながら油彩を制作し続ける。飯田市で何度も個展を開く。40歳代後半、2度アル中治療のため飯田病院へ入院するが完治に至らず。最後に1年余の入院から退院後まもなく自殺する。1981年7月15日、51歳だった。
死後、飯田市立美術博物館に50点余収蔵される。また美術評論家の針生一郎に絶賛され、東京都京橋の東邦画廊で遺作展を繰り返し、瀬木慎一、ワシオトシヒコ等美術評論家より高い評価を受ける。その後、銀座や日本橋の兜屋画廊、77ギャラリー、ギャラリー汲美で個展を開いている。
上杉敬個展"NAKED"
投稿者: gallery COEXIST 投稿日:2010/11/26(Fri) 19:11 No.2641
 
上杉敬個展"NAKED"


2010 / 12.7 tue - 12.26 sun
Reception / 12.11 sat 17:00-  / チェリスト五十嵐あさかによるチェロ演奏を18:00から行います。

ファッション、ポートレートカメラマンとして活躍している上杉敬による写真展示。
今回の「NAKED」は、作家が以前より撮影して来た『FORM』というタイトルでの植物写真と "ヌード"をテーマにした人物写真との組み写真による展示です。
広い展示空間を生かした大判プリントを中心に、人と植物の「裸」の魅力あふれる企画展です。
ボクシング漫画「WOLF(北の狼)」更新!
投稿者: shigetyan 投稿日:2010/11/26(Fri) 17:11 No.2639
 
11月24日ボクシング漫画「WOLF(北の狼)」番外編「帰ってきた狼」28〜31ページ更新しました。
http://www7a.biglobe.ne.jp/%7Eshigetyan/
bummei HARADA 原田文明展
投稿者: 原田文明 投稿日:2010/11/26(Fri) 11:07 No.2638
 
2010年11月3日wed―12月12日sun 9:00― 17:30

岩国市周東パストラルホール(0827-84-1400)


本展はこれまで取り組んできた「具体絵画」の一断面を示すものとして、90年代のはじめ頃から全国各地の美術コンクール等々に出品した作品とドローイングとインスタレーションによる新作を中心に構成しています。

私は美術文化協会に所属しシュールリアリズム(超現実主義)の絵画から出発した後、1977−81年にかけて「荒れた大地」、「青の色面」、「白の壁面」、あるいは「ステンレスの金属板」などで構成する断片提示(モンタージュ)シリーズを発表しています。この時、すでに通常の絵画制作とは異なる独自の思考に基づく営為を意図していたのかも知れません。つまり、私はこれらの絵画を描きながら平面上のインスタレーションともいうべき世界を模索しうろついていたようにも思うのです。

それ以後、制作における私の関心事は「行為」と「物質」と「場所性」へと向かい、空間造形(インスタレーション)の発表と併行して絵画表現の可能性を模索してきました。それは抽象や具象というこれまでの概念とは異なる新しい絵画の方向性を求めるものでした。つまり、絵画を成立させる重要な要素として物質性を重視することで、より直接的な表現とイリュージョンの可能性を探求する作業だったとも言えます。

そういう表現への欲求から、1989年に岩国市徴古館で発表した「木調への眼差し」という一連の作品を制作しました。その後、絵画における物質性への追求は、木を削り、記号や描かれたドローイングの線、貼り付けられた金属、モルタルなどが錯綜するミクストメディアの作品へと発展してきました。この一連の作品を私は「具体絵画」と名づけています。このように「具体絵画」はイリュージョンを否定するものではありませんが、描かれたものとは異なる具体的な物質性を絵画の極めて重要な構成要素とする独特な考え方に基づいているのです。

新作ドローイングインスタレーションは、これらの絵画制作の過程で必然とも偶然ともいえる結果として発見されました。この度、この新作とともにこれまでの具体絵画の一断面を示す作品を同時に発表する機会をいただきたいへん有難く思っています。ご来場ご高覧いただければ幸いです。



詳しくは、周東パストラルホールまたは原田文明公式サイトブログサイトをご覧ください。
学生選抜展「via art 2010」開催
投稿者: viaart2010 投稿日:2010/11/26(Fri) 07:28 No.2637
 
- via art 2010

via artは「社会とアートをつなぐ」をコンセプトに掲げる、学生運営のアートイベントです。
クリスマスの銀座で、新たに夢を持つ学生アーティスト37名の選抜展を開催します。
美術作品は誰でも買えるもの。
その試みとして、今年で4年目を迎えるvia artでは、展示作品はもちろん、5000円以下の小作品を販売します。
さらに、12月21日には、出展作家と直接お話しができるイベントも行います。
37名の新たな才能と、アートをどうぞお楽しみ下さい。

- 会期

2010年12月21日(火) 〜 2010年12月25日(土)
10時00分 〜 17時45分

- 会場

シンワアートミュージアム
(〒104-0061 東京都中央区銀座7-4-12)

- 入場料金

無料

- 審査員

足立 喜一朗 (美術作家)
池内 務 (株式会社レントゲンヴェルケ 代表取締役)
石鍋 博子 (コレクター/ワンピース倶楽部代表)
岩渕 貞哉 (『美術手帖』編集長)
江渡 浩一郎 (メディア・アーティスト/独立行政法人産業技術総合研究所社会知能技術研究ラボ研究員)
岡田 聡 (精神科医/アートコレクター/MAGIC ROOM??? 代表/アートアセファル 代表)
黒瀬 陽平 (美術家/「カオス*ラウンジ」キュレーター)
渋谷 慶一郎 (音楽家)
高山 明 (演出家)
立島 惠 (佐藤美術館 学芸部長)
藤村 龍至 (建築家/東洋大学専任講師/藤村龍至建築設計事務所代表)
山本 冬彦 (アートソムリエ)
和田 友美恵 (Wada Fine Arts (東京)/Y++ (北京) 代表取締役チーフディレクター兼務)

- 協賛

株式会社アート・ベンチャー・オフィス ショウ

- 協力

シンワアートオークション株式会社
株式会社モーフィング
日本財団 CANPANプロジェクト

- 主催

via art 2010 運営局
谷内一光時代 THE AGE OF IKKO TANIUCHI VOL.25
投稿者: UrBANGUILD 投稿日:2010/11/24(Wed) 00:37 No.2634
 
IKKO TANIUCHI WALL PAINTING EXHIBITION
"THE AGE OF IKKO TANIUCHI"

この度、京都アバンギルドでは、2010年12月17日(金)から新たにアプローチする「アバンギルド・ギャラリー」にて、美術家・谷内一光による展覧会『谷内一光時代』を開催します。展覧会数日前から制作した壁面いっぱいの作品を発表!オープニングイベントとして、谷内一光による絵の具舞踏の上演と音楽家・古家一真一によるセッションや蛍光灯奏者・Ken Okamiのライブを開催します。会場展覧会期間は1ヶ月間と長いので、京都にお越しの際は是非お立ち寄りください。

●EXHIBITION:谷内一光展覧会『谷内一光時代』
日程:2010年12月17日(金)〜2011年1月22日(土)
時間:18時00分〜24時00
*営業時間は日によって異なりますので直接会場にお問い合わせ下さい。

●OPENING EVENT:谷内一光展覧会オープニングイベント
日時:2010年12月17日(金) 19時00分OPEN/19時30分START

出演:古家一真一×谷内一光, Ken Okami, and more!

◎チケットのご予約・お問い合わせ:
前売 1,800円/当日 2,300円(共に1ドリンク付き)
ご予約はお名前、枚数を書いて下記メールアドレスまでお願いします。
mail:ikkotaniuchi@gmail.com (お問い合わせ:075-212-1125)

会場:京都・木屋町 アバンギルド
京都市中京区木屋町三条下がる ニュー京都ビル3階
tel:075-212-1125 web:http://www.urbanguild.net

協賛:ターナー色彩株式会社
協力:UrBANGUILD, artburt, D・O・P, mybrassierefilm

Ikko Taniuchi 〈谷内一光〉
1984年京都生まれ大阪在住の美術家。2005年より展覧会『谷内一光時代』を軸に国内外で多くの作品を発表。パフォーマンス活動では、キャンバスを床面に置き、その上で色を浴びるように全身で描き絵画を体現する〈絵の具舞踏〉と呼ばれる独自の表現手段をクラブ・ギャラリー・劇場・野外などで展開。作品は力強く、愛に溢れた作風が特徴で、コレクターがいるなど海外での評価も高い。
http://www.digital-out-put.com/ikko_jidai.html
http://taniuchiikko.jugem.jp/
Studio Swallowtail撮影会
投稿者: fuujin 投稿日:2010/11/21(Sun) 23:55 No.2631
 
Studio Swallowtail撮影会
-----------------------------
開催日 :2010年11月23日(火)
撮影場所:月島周辺
集合時間:11:00(開始:11:30)
撮影時間:4時間(休憩含む)
参加費 :7,000円
定員  :5名
モデル :水瀬香
衣装  :私服
------------------------------
申し込みはStudio SwallowtailのHPまで
http://scarecrow.tv/swallowtail/index.shtml
学生バカデミー映画祭!!
投稿者: 学生バカデミー制作委員会運営事務局 投稿日:2010/11/19(Fri) 15:41 No.2629
 
こんにちは。

こちら、大阪で学生バカデミー映画祭を主催させて頂きます

学生バカデミー制作委員会運営事務局の白川と申します。

「学生の学生による学生の為の映画の祭典を開催いたします」と言った書き込み(BBS)等やメールを多数の映画研究会、映画サークル様にご連絡いたしました。

その件に関しましてお返事頂いた方や、お問い合わ頂いた方、すでに動画を送って頂いた方に延期のお知らせとお詫びを申し上げます。

今回、学生バカデミー映画祭を開催するにあたりまして、動画の応募が当局の定める規定数を満たしていない為に

応募締め切りを10月末ではなく、来年の【一月二十日】に延期し、映画祭の開催を【二月】に決行する事になりました。

当初お伝えしました締め切りの10月末に向けて動画の準備をなさっておられた方及び、関係者の皆様方へ大変御迷惑をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。


今年、日本全国の各地方で幾つもの映画祭が開催されていたかと存じます。

その映画祭に応募し、惜しくも入賞できなかった応募者様もおられるかと思います。

が、入賞できなかった方も同じ動画での再チャレンジが可能となっております。

規定数に満たしていない今、賞金を獲得できる絶好のチャンスです!!

☆賞金内容☆

*賞金総額*【100万円】!!!


*【爆笑部門】*【感動部門】*

*各部門でのグランプリ*!【30万円】!!!

*各部門での優秀賞*【10万円】!!!

*各部門での準優秀賞*【5万円】!!!

*審査員特別賞*【10万円】!!!

になります!



グランプリや優秀賞などといった賞金総100万円の映画の祭典になっております。



爆笑部門と感動部門の2つに分かれておりまして、身近にある携帯電話やデジカメ等で撮影された物の応募も可能となっております。
 
又、当日は学生だけではなく多数の企業も参加予定しており、この機会を通し学生と企業の架け橋になればと思うと共に、
映画祭を通じ全国の学生のネットワークの拠点にしたいと思っております。

詳しい詳細は下記のURLをクリックして頂けたらと存じます。

     http://bakademy.com/

同時にブログの方も日々更新しておりますので、参考がてらに見て頂きたいと思っております。

http://ameblo.jp/ryu-rc/

貴重なスペース有難うございます。
写真と色彩のワークショップ
投稿者: 高橋 凛 投稿日:2010/11/19(Fri) 12:44 No.2628
 
写真やカラーカードを使って、
色という視点で周りを見てませんか?

<主なワーク>
・言葉を色に、色を言葉に置き換えるワーク
・写真や広告、パッケージ等から色を分析
・色を意識した撮影

<日時>
11月20日(土) 11時〜15時
<場所>
まれびとハウス@田端
<参加費>
2,000円
<定員>
7名
<必要な持ち物>
・デジカメ
・筆記用具
・色や雰囲気が好みの写真や広告、パッケージなど
・お昼ご飯(近くにコンビにもあります)
<参加方法>
サイトの問い合わせフォームからご連絡ください。
http://fotocoro.com/
「ライターのための“マーケティング”のポイント基礎講座」開催
投稿者: 吉永安智 投稿日:2010/11/18(Thu) 21:22 No.2627
 
「ライターのための“マーケティング”のポイント基礎講座」開催


マーケティングの知識を身につけて、
企業取材にトライ!

 プロのライターを紹介したウェブサイト「関西ライター名鑑」を運営する合同会社WRITE STAFF(ライトスタッフ/大阪市北区 代表:北村盛康)は、関西で活動するプロのライターの技術向上を目的に定期的に行なっている「関西ライター勉強会」の次開催を、2010年12月3日(金)に大阪産業創造館で開催します。今回のテーマは、「企業取材に役立つ!“マーケティング”のポイント基礎講座」です。

 雑誌、フリーペーパーの相次ぐ休刊により店舗取材やトレンド記事など、ライターの執筆の場が少なくなったことで、企業のリクルート記事やニュースレター、広報誌、社内報など、企業の広告・広報関連の執筆にシフトするライターが増えています。しかし、「自分にはビジネスの知識がないので…」と躊躇している人もきっと多いはずです。そこで今回は、企業取材するときに役立つ、マーケディングのポイントや基礎知識を経営コンサルタントの淵上環氏が講義します。


題   目:ライターのための“マーケティング”のポイント基礎講座
         〜 マーケティングの知識を身につけて、企業取材にトライ!〜
日   時:2010年12月3日(金)18:45〜
場   所:大阪産業創造館 6F 会議室C [大阪市中央区本町1-4-5]
参加資格 :現役のライター・編集者(一部特別枠あり)
受講者数 :20席(内5席は特別一般枠※ライティング・編集未経験者席)
主   催:関西ライター名鑑
講   師:淵上環(ふちがみ たまき)氏
費   用:勉強会開催費用を受講者全員で分担します(300〜500円)

(淵上環氏 プロフィール)
兵庫県生まれ。商業施工会社の広報室、広告制作会社のアシスタントディレクターなどを経て、経営コンサルタント会社に五年間勤務。マーケティング主任指導員として、企業のビジョン・事業戦略の構築、CI事業、販促・商品開発事業など外部経営スタッフとして活動。2001年、有限会社ビジネスサポート・ネットワークを設立。企業の魅力創出や人財力を活かした営業活性化や販促事業の支援に取り組む。現在、独立行政法人中小企業基盤整備機構の商業活性化アドバイザーとして行政や商工会議所、各種支援団体とともに地域商業活性化の事業に従事。デザイナー、ライター、カメラマンなどの専門家とプロジェクトを組み情報発信誌や販促ツール制作などのプロデュース業務も請け負っている。

■過去の勉強会レポート■
http://www.writer.gr.jp/

■当勉強会「フリーランスでやってゆくための仕事術 」は文化庁より「関西元気文化圏プロジェクト」、伊丹市より「ことば文化都市伊丹」参加事業に認証されています。
http://www.bunkaryoku.bunka.go.jp/cgi-bin/kansai/detail.php?id=10975


■会社概要■
名 称:合同会社WRITE STAFF
代表者:北村盛康(きたむら もりやす)
所在地:〒530-0055 大阪市北区野崎町1-25 新大和ビル2F
TEL:06-6364-5657  
FAX:06-6364-5586
運営サイト:
「大阪発:関西ライター名鑑」 http://www.writer.gr.jp/
「宣伝名人 | プレスリリース配信」 http://www.writer.co.jp/


【本件に関する問い合わせ先】
合同会社WRITE STAFF
担当者:吉永安智
TEL:06-6364-5657  
mail:info@writer.gr.jp
SINBYIオンライン
投稿者: SINBYI 投稿日:2010/11/18(Thu) 20:33 No.2626
 
イラストレーターSINBYI(しんびぃ)の公式サイト、ポップでカラフルなかわいいポストカード・色紙・年賀状を
絶賛発売中。ついにSINBYI初の年賀状が3種類登場!今年はポップでラブリーなうさぎモチーフ。もちろん今だけの
限定発売です。EZクリエーターズカフェ、EZクリエーターズカフェ、EZアワード、EZポスト、NTTdocomo
ソニーエリクソンエクスペリア & MTV「Transform your Xperia 〜100 Design Collection〜」携帯キセカエデザイン、
待ち受け★ジャムにて待ち受け配信など携帯やモバイルコンテンツの活躍にも大注目!
Studio Swallowtail撮影会
投稿者: fuujin 投稿日:2010/11/17(Wed) 21:39 No.2625
 
Studio Swallowtail撮影会
-----------------------------
開催日 :2010年11月21日(日)
撮影場所:生田緑地
集合時間:11:00(開始:11:30)
撮影時間:4時間(休憩含む)
参加費 :7,000円
定員  :5名
モデル :藤崎ゆえ
衣装  :私服
------------------------------
申し込みはStudio SwallowtailのHPまで
http://scarecrow.tv/swallowtail/index.shtml
bummei HARADA 原田文明展
投稿者: 原田文明 投稿日:2010/11/15(Mon) 19:26 No.2622
 
2010年11月3日wed―12月12日sun
9:00― 17:30



岩国市周東パストラルホール(0827-84-1400)




本展はこれまで取り組んできた「具体絵画」の一断面を示すものとして、90年代のはじめ頃から全国各地の美術コンクール等々に出品した作品とドローイングとインスタレーションによる新作を中心に構成しています。
私は美術文化協会に所属しシュールリアリズム(超現実主義)の絵画から出発した後、1977−81年にかけて「荒れた大地」、「青の色面」、「白の壁面」、あるいは「ステンレスの金属板」などで構成する断片提示(モンタージュ)シリーズを発表しています。この時、すでに通常の絵画制作とは異なる独自の思考に基づく営為を意図していたのかも知れません。つまり、私はこれらの絵画を描きながら平面上のインスタレーションともいうべき世界を模索しうろついていたようにも思うのです。
それ以後、制作における私の関心事は「行為」と「物質」と「場所性」へと向かい、空間造形(インスタレーション)の発表と併行して絵画表現の可能性を模索してきました。それは抽象や具象というこれまでの概念とは異なる新しい絵画の方向性を求めるものでした。つまり、絵画を成立させる重要な要素として物質性を重視することで、より直接的な表現とイリュージョンの可能性を探求する作業だったとも言えます。
そういう表現への欲求から、1989年に岩国市徴古館で発表した「木調への眼差し」という一連の作品を制作しました。その後、絵画における物質性への追求は、木を削り、記号や描かれたドローイングの線、貼り付けられた金属、モルタルなどが錯綜するミクストメディアの作品へと発展してきました。この一連の作品を私は「具体絵画」と名づけています。このように「具体絵画」はイリュージョンを否定するものではありませんが、描かれたものとは異なる具体的な物質性を絵画の極めて重要な構成要素とする独特な考え方に基づいているのです。
新作ドローイングインスタレーションは、これらの絵画制作の過程で必然とも偶然ともいえる結果として発見されました。この度、この新作とともにこれまでの具体絵画の一断面を示す作品を同時に発表する機会をいただきたいへん有難く思っています。ご来場ご高覧いただければ幸いです。
Akiba Art Galleryオープンと募集のお知らせ
投稿者: Imagination Creative 方喰 投稿日:2010/11/14(Sun) 12:18 No.2621
 
アーティストの皆様へとご連絡、

ご報告させて頂きたくスペースお借りいたします。

========================






この度、Akiba Art Gallery (アキバ・アート・ギャラリー)

という日本から海外へ向けてアーティスト活動を行っていく

活動の一環としてギャラリーオープンに先駆けまして、

作品販売のできるサイトを立ち上げます!





期間限定で先行登録の募集をさせて頂いております。

ご興味があります方は、メールにてご連絡下さい。

折り返し詳細内容をご連絡させて頂きます。



海外に向けてPRしたい方や、作品を販売したい方にとって

便利なサイトにしていきますので、注目していただき、

関わって頂き、ご協力下さい。


どうぞ宜しくお願いいたします。
きのこの編みぐるみと写真の展覧会を開催します
投稿者: 三橋憲行 投稿日:2010/11/14(Sun) 10:04 No.2620
 
きのこの写真と編みぐるみの展覧会『役に立たないきのこの文化祭』を、下町のギャラリー「千駄木空間」にて開催いたします。

五年ほど前から撮りため、ホームページ『役に立たないきのこの写真帖』にて公開してまいりましたきのこの写真と、妻の制作しましたきのこの編みぐるみに、未発表の新作を加えまして展示いたします。ちょっと不気味だけど可愛らしいきのこたちの世界をぜひ一度ご覧ください。


【展覧会の開催要領】

 『役に立たないきのこの文化祭』
 〜 ちょっと不気味でちょっとカワイイ、きのこの編みぐるみと写真の展覧会 〜

 期間: 2010年 11月 23日 (火・祝) 〜 28日 (日)
     12:00 〜 18:00 ※ 初日は14時より、最終日は17時まで

 場所: ギャラリー 千駄木空間
     http://www.sendagi-kukan.com/
     東京都文京区千駄木 2-49-8
     地下鉄千代田線 千駄木駅 1番出口より徒歩5分


【展覧会紹介ブログ】
 http://at384.eblog.jp/


【ホームページ『役に立たないきのこの写真帖』】
 http://kinoko.sumomo.ne.jp/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 |
41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 |
61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 |

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -

NO: PASS:


- KENT -

PR
ネット小説投稿サイト novelist.jp(ノベリスト.JP)
サイト内検索
クリエイター掲示板
Copyright (C) 1999-2014 SHINKA.Net All rights reserved. Powered by ShinkaNet Inc.